犬を迎え入れる前にまず考えることは?

子供が犬を飼いたがっている親や、これから子供を持つことを考えている夫婦なら、『どの犬種が子供と相性が良いのだろう?』と考えるのは、一番の関心事だと思います。

大人だけで生活する家庭なら、自分たちのライフスタイルに合わせて気に入った犬種を選べば問題ありません。しかし、子供がいるとなると状況は大きく変わってきます。

  • 『子供に対して攻撃的ではないか』
  • 『子供の良い遊び相手になってくれるか』
  • 『子供を守ってくれるような信頼できる犬種か』

犬を迎え入れた後に、「こんなはずではなかった」と後悔したり、子供との相性が良くないからといって犬を手放すようなことは絶対に避けたいものです。

これらの点をよく考慮してから、迎え入れる犬種を選ぶようにしましょう。

子供が犬に対してやってしまいがちなことは?

子供は大人に教わらなければ、犬への適切な接し方が分かりません。子供にとってはまったく悪気はないのですが、急に嬌声を上げる、加減を知らずに犬を強く叩く、犬の尻尾を引っ張るといった行為をしがちです。子供の行動を迷惑と感じて、攻撃的になる犬もいます。

また、飼い主の自分への関心や愛情が子供に奪われたと思って、子供に嫉妬する犬もいます。

よく勘違いされがちなことは、子供から見て小型犬は威圧的でないことから、子供が小型犬を扱いやすいに違いないと思ってしまうことです。

ところが、見掛けで敬遠されがちですが、子供と相性が良い犬種には、実は大型犬のほうが多いのです。

子供と相性が良い犬種はこれ!

では、どの犬種が子供と相性が良いのでしょうか?



アメリカン・ケンネル・クラブでの調査や、著者が実際に飼い主から聞いた意見を参考に、お勧めの犬種を選出してみました。


  1. ラブラドール・レトリーバー
  2. ゴールデン・レトリーバー
  3. ビーグル
  4. ニューファンドランド
  5. ブルドッグ
  6. コリー
  7. アイリッシュ・セッター
  8. ボクサー
  9. ブル・テリア
  10. ボルドー・マスチフ
  11. レオン・ベルガー
  12. グレート・デン


12犬種中、ビーグルとブルドッグ、ブル・テリア以外は、大型犬、そして超大型犬と呼ばれる犬種ばかりです。しかも、強面の犬種が勢ぞろいです。人は見掛けによらないと言いますが、犬にも同様のことが言えませす。

これらの犬種で特記すべき点は、1)温厚、2)遊び好き、3)忍耐強い、4)勇敢、5)防衛本能が強い、6)陽気、といった性質を複数持ち合わせた犬種が多いことです。

著者が知っているニューファンドランド、レオンベルガー、ボルドー・マスチフの飼い主は、全員が口をそろえて、「子供に何をされても怒らない」と言っていました。英語ではこのような大型犬は、『ジェントル・ジャイアント(穏やかな巨人)』と呼ばれています。

勇敢で防衛本能が強いブルドッグやグレート・デンは、子供を守ろうとする頼りがいのある犬種です。ブルドッグがどれだけ勇敢かと言うと、以前アメリカで、ある家の庭にクマが迷い込んだとき、少しもひるむことなくクマに猛突進した2匹のブルドッグの話が話題になりました。

勇敢なのは強面の犬種だけではありません。温厚を絵に描いたようなゴールデン・レトリバーが、子供と庭で遊んでいる最中に突如現れたマウンテン・ライオンの前に立ちはだかって威嚇し、子供を守った話もあります。

ブル・テリアは、『犬の中に人間の3歳児が入ったよう』と称されるほどの遊び好きです。また、ボクサーは見掛けからは想像できませんが、根が陽気でひょうきんです。体力もたっぷりある彼らは、子供の良い遊び相手になるでしょう。

犬と子供が仲良く共存できるために

いくら大型犬が子供と相性が良いといっても、日本の住宅事情を考慮すると、そう簡単には飼えないのも事実です。

大型犬の飼育には、やはり庭があることが望ましく、散歩量も多くなります。食事代や医療費など経済的な負担もあります。大型犬を迎える前に、飼育可能かどうかを総合的に判断するようにしてください。

小型犬を考えている人には、ビーグル以外にも、フレンチ・ブルドッグやキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、ビション・フリーゼなどが、子供と相性が良いと定評があります。

特定の犬種が決まったら、まずはブリーダーを訪問しましょう。ブリーダーから、短所も含めて犬種の性質を確認することをお勧めします。

そして忘れてはいけないのが、いくら子供と相性が良いといっても、犬に子守を任せきりにしないことです。

子供と犬を二人きりだけにせず、大人が同席するのがやはり望ましいでしょう。

また、子供と犬が幸せに共存できるように、犬にだけにではなく子供にも、してはいけないこと・ルールを教える必要があるのは言うまでもありません。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi オリビア
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード