人間に敵意をむき出しにする犬

引用の出典元:www.youtube.com

心ない飼い主によって、ある日突然にも路上に捨てられてしまったワンコ。その日からワンコは野良犬として、たった一人の力で約1年間も生き延びていました。

身体中の毛は伸びて汚れており、このままでは感染症などの病気を発症する危険性があります。早急な保護が必要でした。

しかし、一度人間に裏切られたことで、ワンコの心は深く傷ついてしまっていました。保護団体スタッフが首輪を付けようとすると激しく抵抗し、聞いていられないほどの悲痛な叫び声をあげるのです。

ワンコの悲鳴は、聞いていて胸が苦しくなってしまいます。

そんなワンコを無事に保護して、再び心を開いてくれるまでリトレーニングを行った動画をご覧ください。

再び心を開いてくれるまで

引用の出典元:www.youtube.com

いかがでしょうか?

保護する際、あれほど悲鳴をあげて抵抗していたワンコですが、保護スタッフの想いが伝わった途端に身を委ねてくれました。

きっと、人間に甘えたかったんですね。

でも、一度裏切られたことで怖かった。

気を許すことができなかったんでしょうね。

でも、いまワンコに手を差し伸べてくれる人間は、以前にワンコを傷つけたような人間じゃありませんでした。ワンコのことを一番に考え、深い愛情をぶつけてくれる人間でした。

ワンコにも、それが伝わったのでしょう。

その後、獣医師による診察とトリミングによって元気で健康な姿を取り戻したワンコは、今度は新しい家族を見つけるためにリトレーニングに励みます。

一度は人間不信に陥ってしまい心を硬く閉ざしてしまったワンコですが、再び心を開いてくれるようになるまでのリトレーニングの過程は、並大抵の努力では済まないことでしょう。相当な覚悟と強い信念がなければ務まるものではありません。

保護してくださった保護団体とケアを担当してくれたスタッフさんは、まぎれもなく尊い命を救ってくださいました。

不幸なワンコを1頭でも多く救えるように、私たち一般の飼い主もできることから始めたいものですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi marimo
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード