人間不信の犬を保護するまでの一部始終

引用の出典元:www.youtube.com

人間が近づいてくると極端に震えだすワンコ。

その怯えきった表情からは、

「人間なんて信じられない」
「痛い目に合わされるかもしれない」
「もしかしたら、今度は殺されるかもしれない」

そんな悲痛な想いさえ伝わってきてしまいます。

保護するための首輪も、衰弱しきった身体の力を振り絞って必死に抵抗します。どれだけ酷い扱いを受ければ、ワンコがこれほどまでに人間に不信感を抱くのでしょうか。想像を絶する過去がワンコにはあったはずです。

それでも、こちらが危害を加えるような人間ではないことを理解してもらうために、保護団体のスタッフは長い時間をかけて歩みよります。気が遠くなるほどの時間をかけて、ワンコの心を少しずつ落ち着かせていく行為は、ワンコへの深い愛情なしには行えることではありません。

それでも最後には、保護団体スタッフの想いが伝わりました。ワンコは安心するかのように身をゆだねます。

本当は人間が大好きなんでしょうね。本当は、もっと甘えたかったのかもしれません。なのに、心ない人間のせいで気持ちを踏みにじられてしまい、恐怖のあまり心を閉ざしてしまっていたのです。

保護された後はシャワーを浴びて綺麗な身体を取り戻し、広い庭で他のワンコと遊んだりするまで回復しました。

一度でも人間に裏切られて心に深い傷を負ってしまったワンコを保護することは、本当に骨の折れる仕事です。ワンコたちへの深い愛情と、「1頭でも多くの命を救いたい」という強い使命感なしには到底できないことです。

保護団体なくして、不幸なワンコのレスキューは成り立たないのです。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi Tsunayoshi公式
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード