便秘解消法1.水分を十分に与えよう

引用の出典元:shutterstock.com

犬が便秘になってしまう主な原因に水分不足があります。

まず、愛犬には十分な水を与えていますか?

いつでも好きな時に犬が十分な量の水を飲める環境を用意しておいてあげるのが何よりも大切なことです。

飼い主さんが水を与えている気になっていても、実際には足りていない場合が多く、愛犬の水入れには常に水が入っている状態であるのがベストです。

便秘解消法2.規則正しい生活をさせる

引用の出典元:shutterstock.com

飼い主さんによっては、犬のごはんの時間が毎日変動してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし犬にとって生活のリズムが一定しないのは、体の健康が崩れることを意味します。

犬は生活に一定の規則正しいリズムがないとストレスを抱えて具合が悪くなったり便秘をもよおしたりしてしまうのです。

できる限り毎日決まった時間のお散歩とごはんの時間を習慣付けて、便秘になるのを防ぎましょう。

便秘解消法3.食物繊維を多く含む食材をごはんに加える

引用の出典元:shutterstock.com

犬の便秘にも人間と同じように、食物繊維を多く含む食材を食べることでお通じを良くすることができます。

犬が食べやすいキャベツやブロッコリー、かぼちゃなどを少量柔らかくしたものを普段のごはんに混ぜて与えましょう。

早く便秘を解消させようとごはん自体をすべてこのような食材に変える必要はありません。

食べ物が急に変わると逆にお腹を壊してしまったり便秘が悪化する可能性も出てきます。

あくまでも少量をいつものごはんに混ぜて様子を見ましょう。

いつも与えているペットフードにビートパルプと呼ばれる硫酸系の薬剤を使って溶かして抽出したものが入っている場合、便を固くしてしまい犬の便秘に繋がると言われています。

愛犬に与えているペットフードに自信が無い飼い主さんは、犬の体に優しい手作りごはんにされることをおすすめします。

便秘解消法4.お尻のマッサージや浣腸は病院で!

引用の出典元:shutterstock.com

便の排泄を促すためにお尻周りのマッサージや浣腸は、動物病院で診察をしてもらって必要な場合のみやってもらいましょう。

便秘の原因が分からないのに無理やり外から力を入れてしまうのは危険です。

何日も飼い犬の便秘が改善されず日に日に元気を失くしていくようであれば、早急に病院で診察をしてもらいましょう。


いかがでしたか?犬の場合も、ただの便秘ではなく他の病気を抱えていることも考えられます。飼い主さんは普段から犬の便の観察を欠かさないようにしておくことが大切です。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi cba-kyoto
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード