引っ越したはずの空き家から犬の声が・・?

引用の出典元:www.thedodo.com

アメリカのニューヨークを中心に活動している動物保護団体の『Guardians of Rescue』。

通報の内容は、「数日前に、隣人が何らかの事情を抱えて引っ越したにも関わらず、夜になると犬の声がする」というものでした。

リーダーのフランキー・フロリディアさんと女性スタッフを含む数人が現場に入ったとき、あまりにも可哀想な状況に心が粉々になる思いだったと言います。

彼らが目撃したのは、オスとメスのピットブルでした。がらんとしたフローリングの上で絶望のあまり表情を失ったオス。メスはケージに入れられたままの状態でスタッフを見つめていたのです。

捨てられた犬が見せたしぐさに感動

当然ながら犬の排せつ物で部屋は汚れ、強烈な臭いが部屋中に漂っていました。こんな状態の中で2頭は何日も放置されていたのです。

すぐにでも犬を救助したいのは山々ですが、どんな飼い主でどのように犬を飼育してきたのかがわからない以上、むやみに近づけば攻撃される危険性があります。

リーダーのフロリディアさんは、2頭の犬にそっと声をかけ、ゆっくりと近づいていきます。すると、オスのピットブルは、力なく尻尾を振りながらリーダーの足元にすり寄ってきたのです!

飼い主に見捨てられるという、犬にとってもっとも悲しい虐待を受けたにも関わらず、2頭のピットブルは攻撃するどころかスタッフを受け入れたのです。

住人の計らいで繋がっていた命

引用の出典元:www.thedodo.com

放棄されていた2頭の犬たちの命が助かったのには、大きく2つ理由があります。1つは、放棄されていたのが数日間だったこと。もう1つは、部屋の中に犬がいることを知っていた近所の住人が、窓からご飯を投げ入れていたことです。

ケージの位置がちょうど窓のすぐ下にあったことも功を奏したのかもしれません。もし、雨戸がある家だったら、犬の声も聞き届けられず、ご飯も与えられることもなかったことでしょう。

幸いにも命拾いしたオスには『マックス』、メスには『スカイ』と素敵な名前が付けられました。とても優しい気質の2頭は、それぞれ里親さんに引き取られ幸せに暮らしているそうですが、2頭が離れてしまったのは少し可哀想ですね。

飼い主は犬の言葉を聞く義務がある

引用の出典元:www.dailymail.co.uk

今回、マックスとスカイを無事に救助した動物保護団体のリーダーは、次のように語りました。

「動物は言葉を話すことは出来ない。飼い主から捨てられた犬たちの声を私たちが代わりに伝えていきたい。2匹が無事で本当に良かったよ。とてもやりがいを感じています。」

動物保護団体が社会にどれだけ貢献しているのかを考えると、本当に感謝の念が込み上げてきます。そして、活動を支援することの重要性を感じます。

犬は目や尻尾や体の動きを通して、多くのことを私たちに語りかけています。犬の言葉は、飼い主がしっかりと聞いてあげる義務があるはず。

実は、筆者の近所にもグレイハウンドを置いて引っ越してしまった人がいます。離婚が原因だと聞いていますが、理由に同情の余地はありません。

数日後、親戚の人が引き取りに来ましたが、神経質な気質を持ったその犬も、一日中鳴き続けていました。犬の言葉を理解できない無責任な飼い主がいなくなることを強く願います。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード