ドッグフードの正しい保管方法①.パッケージも保管しておく

高品質のドッグフードの袋は、できるだけ長くフードの鮮度を保てるように設計されています。

返品をする際にもパッケージに記されているバーコードや有効期限、型番などという情報が役に立つので必ず保管しておきましょう。

ドッグフードの正しい保管方法②.空気にさらさない

引用の出典元:www.we-original.com

ドッグフードも空気や湿気に触れると劣化し、サルモネラ菌などが繁殖する恐れがあります。

一度ドッグフードのパッケージを開封したら、保管する際にはきっちりと袋の中の空気を抜いて空気や湿気が入らないように密封しましょう。

家にある洗濯ばさみやクリップなどで袋の蓋を閉じるのもおすすめです。

ドッグフードの正しい保管方法③.日光さらさない

引用の出典元:xn--nckzcza8542dp7j.net

日光にドッグフードがさらされると、フードが入っている袋内の温度が上昇します。

これは食品の劣化を加速させサルモネラ菌やその他の細菌を増殖させるリスクがあるのです。

なるべく日が当たらない戸棚などでの保管がおすすめです。

ドッグフードの正しい保管方法④.有効期限が切れたら犬に与えない

引用の出典元:miyudora-dogfood.com

ドッグフードの有効期限はあくまでも「この日付けまでが美味しく頂ける基準」を記しています。

それと同時にその有効期限があなたの愛犬の安全を確保するために設定されているものでもあるのです。

有効期限が過ぎてしまっても大きなリスクになることはありませんが、ドッグフードとしてのお役目は終わっているので処分してしまいましょう。

ドッグフードの正しい保管方法⑤.新しいものと古いものを混ぜない


adogbreeds.com

古いドッグフードが少し残っているからといって、新しいドッグフードに混ぜて愛犬に与えてはいけません。

万が一古いドッグフードが劣化している場合、新しいドッグフードに悪影響をもたらす可能性があるからです。

古いドッグフードが原因で新しいドッグフードを口にした犬に異変が起こっても、混ぜてしまっていると飼い主さん自身も一体何が原因だったのかを把握することが難しくなってしまいます。

古いドッグフードが少し残ってしまったら新しいものと混ぜて与えないように注意しましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi cba-kyoto
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード