犬に予防接種を受けさせる必要性と重要性

引用の出典元:shutterstock.com

ワクチンなどの予防接種は犬を様々な病気から守る大切なものです。 もし、犬に予防接種を行わなかったら、病気になったり最悪の場合は死んでしまう危険性もあるので、予防接種を受けさせる必要性は絶対ある、と言えます。

さらに、犬の予防接種の効果の持続は約1年間です。したがって、犬を恐ろしい伝染病から守るには、年に1回は定期的に予防接種を受けさせる必要性があります。
愛犬と健康に楽しく過ごすためにも予防接種はしっかりと行っておきましょう!

犬を飼いはじめたら、予防接種を受けること!

引用の出典元:shutterstock.com

犬を飼い始めたら、まずは動物病院へ連れていき予防接種を受けましょう。 その際、ペットショップやブリーダーさんからもらった資料も一緒に持って行きます。すでにある種の予防接種を受けていればその証明書などが資料の中に入っているはずだからです。それを見ながら獣医師さんと、今後どのようなワクチンを追加し予防接種する必要性があるか相談することができます。

犬の予防接種について、知っておくべきこと

引用の出典元:shutterstock.com

動物病院では、獣医さんが狂犬病やワクチンなど犬の予防接種の必要性について詳しく説明をしてくれるでしょう。ワクチンの種類や予防接種の副作用、予防接種後のケアの仕方、いつから散歩をしてもいいのかなど、予防接種の必要性や重要性に関してしっかり話を聞き、知っておくことは大切です。

子犬のうちは抵抗力も弱く、ワクチンの抗体が体に定着するまでに時間もかかるため、予防接種後すぐに散歩を始めたりするのは危険です。 必ず獣医さんの指示を仰ぎ、犬の予防接種についての正しい知識を学んでください。
正しく予防接種するためにも動物病院へ行き獣医さんに話を聞いておきましょう!

犬の予防接種後のケアについて

引用の出典元:shutterstock.com

犬が初めて予防接種を受けたら、30分程度動物病院に残って様子を見ましょう。
犬にとって初めてのワクチンだと、どんな症状が出るか分からないからです。もし、予防接種した後、犬の体調が急変しても病院にいれば、すぐに対応が可能です。

予防接種した日は、犬を安静にさせ、飼い主さんもそばにいると良いでしょう。愛犬のメンタル面の必要性を考えても、一緒にいてあげると犬は安心します。予防接種後、時間が経過しても犬が体調を崩す可能性があるので、仕事がお休みの日や用事がない時に予防接種をするほうがいいかもしれませんね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo