愛犬のしつけは愛情 

ドイツでは電車やレストランなどにも犬を同伴することが出来ます。ドイツに来て最初の頃は驚きましたが、今では当たり前の光景です。

犬たちをよくよく観察していると、犬たちは本当にしつけがされており、行儀よく振る舞っています。後々、ドイツでは「犬を飼う=しつけをきちんとすること」であり、しつけ教室に通わせる人も多くいるのだということを知りました。

これは次の項目に繋がることですが、しつけをきちんと行うことで様々な場所に一緒に行くことができ、多くの時間を犬と一緒に過ごすことが出来ます。
 
また、人間が犬にきちんとしつけをしていれば、犬は人に迷惑をかけることはなく、お互いにとって心地よい時間を過ごすことができるのだと痛感しました。

しつけをきちんと行うことで、「犬がいうことを聞かないから」と言って犬を捨てることは無くなる...とも思います。

ただし、こういう飼い主はどんなに良い犬だったとしても本当の意味で犬を愛することはないのだという悲しい現実もあります。

犬と多くの時間を共に過ごす

犬を飼うドイツ人は、本当に多くの時間を犬と一緒に過ごします。

連れていける場所が多いので、外出する時も一緒。

それから屋外飼育をする人はほとんどいませんので、家の中にいる時も多くの時間を犬と過ごしています。

私も犬を実家で飼っていましたが、振り返って見ても、これほどまでに多くの時間を犬と過ごしてはいなかったように思います。

労働時間が長い日本では、家で過ごす時間が短いためだとか、日本の住宅事情など様々な事情がありますので、簡単に比較が出来ないとはわかってはいても、飼い主と過ごす時間が多い犬は幸せだろうなと思ってしまいます。

飼い主を一日中待ち続ける犬の気持ちを考えると、なるべく多くの時間を犬と一緒に過ごしたいと思うようになりました。

犬を繋いだままにしない

ベルリンでは多くの人が犬をノーリードで散歩していますし、屋外で犬を繋いだまま飼う人はいません。

日本でノーリードで犬を散歩させることはやはり抵抗がありますが、繋がれたまま飼われている犬たちを見ると「可哀想だな・・・」と思うようになってしまいました。

できれば普段はリードなしで生活させてあげたいですよね。



また、ドッグランなどの狭いスペースではなく、だったっぴろい公園で思いっきり遊ばせてあげたいです。日本にもそのようなスペースがあったら、日本の犬たちはもっと幸せなのにと、ドイツの犬たちを見ては思うのです。

以上のことは、筆者のような考えの甘い飼い主がドイツに来てから変わったことを自戒を込めて書きました。

はじめから完璧な人などいませんが、1日1日何かを学びながら、犬が少しでも幸せな日々を送れるようにしていきたいですね。

 

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi Amy03
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード