コンセプトは「気軽に参加できる」

引用の出典元:prtimes.jp

みなさんは、譲渡会に対してどんなイメージをお持ちでしょうか?

どこか「関係者以外入場禁止」な雰囲気になりがちな保護犬や保護猫の譲渡会。本当は道行く多くの人に立ち止まってもらって、一人でも多く犬や猫の里親を探したいのに、イベント自体の空気や雰囲気によって思うように譲渡会が盛り上がらないことが多々あります。

仕事柄、保護団体の方とお話しする機会が多くある著者ですが、やはり一般の人々にどうやって譲渡会へ足を運んでもらうか...というのは、どの譲渡会でも課題のようです。

そんななか、「気軽に参加できる」をコンセプトに考えた新しい譲渡会イベント「PET RIBBON Cafe」が、4月30日(土)に東京・代官山TENOHA内 Bondolfi Boncaffe(ボンドルフィ ボンカフェ)にて開催されます。

◇ PET RIBBON Cafe  開催概要



■開催日時
2016年4月30日(土) 10:00〜12:00
※第一回目は、保護犬のみ
※雨天時は中止。HPにて前日22時までにお知らせします

■会場
代官山TENOHA内 BONDOLFI BONCAFFE(ボンドルフィ ボンカフェ)
http://tenoha.jp/bondolfi-boncaffe/

■入場料
無料
※店内ご利用の場合は、ワンオーダー制となります
※店内のペット同伴はご遠慮いただいております。テラス席をご利用ください


この「PET RIBBON Cafe」は、家族でつくるペットの思い出アルバムアプリ「HONEY(ハニー) 」を提供する株式会社シロップが主体となって開催されます。


カフェをしながら気軽に保護犬猫と触れ合えるイベント「PET RIBBON Cafe」を4月30日(土)10:00〜12:00@代官山TENOHA内 BONDOLFI BONCAFFEで開催します!

「譲渡会に行きづらい」「どうやって出逢えば良いか分からない」という声を多く聞き、もう少し気軽に触れ合える場所を作りたいと思い、「PET RIBBON」というプロジェクトをスタートします。

今回、写真家の杉本 奈々重さんや、MILLやPETLYの梁原 正寛さん、INUPATHYの山口 譲二さん、そしてTENOHAやBondolfi Boncaffeの皆さんのご協力で開催のリリースをさせていただき、本当に感謝しております。

店内は犬猫のアートな空間で溢れ、テラスではワンちゃんと触れ合える、心が温かくなる場所になれば良いなと思っています。

出典:代表よりコメント

「PET RIBBON Cafe」主なコンテンツ紹介

当日の「PET RIBBON Cafe」では、下記の5つのコンテンツが催されます。

  1. 保護犬ふれあいイベント
  2. 犬猫の写真や雑誌を展示
  3. 心拍データから犬の気持ちが分かるデバイス「INUPATHY(イヌパシー)」の体験会
  4. 猫の自動給餌器「PETLY(ペットリー)」の試遊会
  5. イベント限定の可愛いワンにゃんラテアート

どのコンテンツも、既にワクワクしちゃうくらい魅力的ですね!

ただ保護犬に触れ合うだけじゃなく、最新の犬グッズや写真の展示会を観覧しながら、代官山のおしゃれなカフェでほっと一息つく休日も悪くありません。

ちなみに「PET RIBBON Cafe」というネーミングには、「リボンのように人と犬猫が命を結ばれるように」という想いが込められているそうです。良いご縁がたくさん結ばれると良いですね♪

カフェしながら気軽に保護犬猫と触れあおう!

引用の出典元:pet-ribbon.jp

4月30日(土)開催の「PET RIBBON Cafe」では、きっと素敵な1日になること間違いなしです。

里親希望の方はもちろん、保護犬保護猫に触れ合いたい方も、ぜひ足を運んでみられてはいかがでしょうか?

「PET RIBBON Cafe」公式ホームページ

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi Tsunayoshi公式
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード