真夏の日差しに耐え人間に助けを求めていた老犬

引用の出典元:www.facebook.com

2016年8月、アメリカ南部のテキサス州ヒューストンで老犬は発見されました。ヒューストンの夏の気温は33度を超えることもあり、湿度も高く日陰がなければ人間も犬もダウンしてしまう環境です。

真夏の日差しが照り付ける中、老犬は少しでも温度の低い場所を求めて路上脇の草の上に辿り着いたのでしょう。それに、道路の側なら人間に気が付いてもらえることをわかっていたのかもしれません。

ガリガリの姿で横たわる老犬を発見した住人は、おそらく死んでいるだろうと思いながら近づきました。すると、人間の気配を感じた老犬はほんの少しだけ体を動かし、自分が生きていることを必死で伝えてきたのです。

動物愛護団体の「Houston K911 Rescue」が現場に到着し、老犬にリードを付けて車まで誘導しようとしましたが、自力で立ち上がることができないほど衰弱していました。

スタッフたちは老犬に「ワトソン」と名付け、ただちに動物病院に搬送します。

車内から遠くを見つめる老犬は何を思っているのでしょうか。

重い病気を抱えていたワトソン

引用の出典元:www.facebook.com

ヒューストンには野良犬が多く集団生活をしているほどなのですが、ワトソンはその群れに入ることもできないほど弱っていたのです。

ワトソンは栄養失調に陥っているばかりか、歯の状態が悪くほとんど抜け落ちています。そして、ダニの寄生による重度の疥癬が原因で、皮膚は真っ赤にただれていました。さらには、犬糸状虫症と心臓病まで患っていることが分かったのです。

獣医は、ワトソンは10歳程度で、人間に飼育されていたものの病気や老いによって捨てられたのではないか、と推測しました。

初めて知った人と家の温もり

引用の出典元:www.facebook.com

里親さんに迎えてもらえる状態になるまでには、まだ時間が必要です。動物愛護団体のスタッフであるサマンサさんがワトソンを一時預かりすることになります。

サマンサさんがワトソンを家の中に連れて行こうとすると、ワトソンは戸惑うばかりでその場に立ち尽くし、一歩も動こうとしません。

サマンサさんが何度も「お家に入っていいのよ。大丈夫よ。おいで。」と声を掛けて、ようやく恐る恐るワトソンは玄関の中に入ることができました。

家の中で経験することすべてが、ワトソンにとって初めてのことばかりです。

強い日差しもなければ、嫌な虫も家の中にはいません。

柔らかくて温かい毛布、人間と一緒に横になれるベッドやソファ、可愛らしいオモチャにカッコいいエプロン。

そして、自分の体を撫でて優しく見つめてくれるサマンサさんの瞳の温かさ。

すべてがワトソンに幸せをもたらします。

「新しい誕生日」を祝ってワトソンの歓迎会が開かれ、ワトソンの名前入りのケーキがプレゼントされました。涙が出るほど愛らしい表情ですね。

ワトソンは老犬になって初めて、人や家の温かさに触れることができたのです。




ワトソンは人間に甘えることやオモチャで遊ぶ楽しさを知り、表情にも変化があらわれました。サマンサさんの愛情を受けて、自分が必要とされているという自信を取り戻したのかもしれません。

ワトソンの病状が落ち着いたら、生涯大切にしてくれる里親さん探しをするということです。

もしもワトソンが話せたら何を伝えてくれるのか?

引用の出典元:www.facebook.com

人間が一度飼育した犬が捨てられた場合、そこに野良犬の群れがあったとしても、ほとんどの場合野犬として暮らすことはできないと言われています。

人からご飯をもらうことしか経験していないと、自力で小動物などを狩ることはできません。首輪とリードを外せばあとは本能で生きていけるだろう、と思うのは人間の勝手な言い訳です。

日本でも、「保健所に連れて行くのは可哀想だけど、山に捨てれば勝手に何か捕まえて生き延びるだろう」という身勝手な考えで捨てられてしまう犬がいます。

仮に、運良く生き延びたとしても、今度は野犬同士の縄張り争いや飢え、病気や頻繁な妊娠に伴うリスクなど、過酷な運命が待っているだけなのです。

今回ご紹介したワトソンの物語はアメリカで起きている現実ですが、日本でもまだまだ犬を捨てる人がたくさんいるという現実があります。

もしもワトソンが話せたら、犬を飼う人間たちにこんな風に話しかけてくるかもしれません。

「犬も人間もはみんな老いていくよね。病気になることだってある。家族が最期を迎えるまで愛を与え続けることは、そんなに難しいことなのかな?僕たち犬は、最初に家族になったあの日から虹の橋を渡った後だって、ずっと人間を愛し続けているんだよ。」

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード