飼い主に見捨てられた老犬が救われる

引用の出典元:www.thedodo.com

メスのチワワのミックス犬"ジェリー"は、飼い主によってロサンゼルスの『Baldwin Park Shelter』に持ち込まれました。

最初にジェリーに関心を持ったのは、シーマンズさんという女性です。彼女は、このシェルターで十分な医療を受けられない犬たちのために可愛い犬グッズなどを販売し、医学的援助資金を募る非営利財団『AT-CHOO FOUNDATION』を運営しています。



13歳で見捨てられてしまったジェリーが写った何枚かの写真と情報を得たシーマンズさんは、悲しい表情のジェリーに胸を痛め直接会いに行くことにします。

どんな犬でも新たに里親を見つけるのは難しいですが、ジェリーは高齢に加えて目はほとんど見えなくなっており、いくつかの病気も抱えていました。

「私を離さないで」と言わんばかりのキスの嵐

引用の出典元:www.thedodo.com

ジェリーがどんな理由で飼い主に見放されたのか、そしてこれまでどんな暮らしをしてきたのかの情報はなく、どのような気質を持っているのか分からないまま、ジェリーと対面します。

シーマンズさんがジェリーの小さな体を胸に抱きしめると、信じられないほどに人間を信頼し甘えてくるではありませんか。

頭を撫で始めると、ジェリーは「私を離さないで」と伝えているかのように、恥ずかしそうにしながらもシーマンズさんの腕にしっかりと両手を乗せました。

そして、シーマンズさんの顔に何度も何度もキスをして、懸命に気持ちを伝えてきたのです。老いたジェリーには大きな愛が必要でした。

シェルターから引き出してあげたい

引用の出典元:www.thedodo.com

シーマンズさんは引き出せる立場にないので、知り合いの動物保護団体のCEO、カーリンさんに相談しました。カーリンさんもFacebookでジェリーを見て知っており、決してシェルターに残すことはできないと考えてたのです。

ジェリーは皮膚病や歯の問題、心雑音、白内障、耳の炎症、腎臓病が発症していて、治療が必要な状態でした。

しかし、シェルターから引き出せれば、シーマンズさんの団体によって十分な診察を受けさせることができます。

2人は、ジェリーに何としてもセカンドチャンスを与えようと決めました。



カーリンさんは、団体のあるパームスプリングスからおよそ2時間かけてシェルターに車を走らせ、ジェリーを無事に引き出しました。

シーマンズさんに抱かれた時と同様に、ジェリーはキスの嵐をプレゼントし、カーリンさんもメロメロにされてしまいます。

毛布に包まれてカーリンさんの胸に抱かれたジェリーは、自分がこれからたくさん愛されて、美味しいご飯を食べられることを知っているかのようでした。

大きな愛に包まれて幸せな日々が始まる

引用の出典元:www.thedodo.com

ジェリーを迎えに行くまでは、カーリンさんは里親を探すことを考えていたのですが、自分を信頼し身を寄せてくるジェリーに心を奪われ、自ら引き取ることを決意しました。

「私はジェリーを抱きしめた瞬間、彼女が私から離れることはないと直感したんです」と、運命の出会いを語っています。

高齢のジェリーは、視覚障がいや聴覚障がいもあります。カーリンさんによると、そうした犬は、周辺の様子を探索してどんなふうになっているのかを把握すると、安心するのだそうです。

ジェリーは今、カーリンさん家族に大切にされて幸せに暮らしています。写真のご主人にも、ジェリーからのキスの嵐が浴びせられているのでしょうね!

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo