舐める行為はオオカミ時代の名残

引用の出典元:shutterstock.com

犬の祖先はタイリクオオカミと言われていますが、現代を生きる犬たちはその時代の習性を踏襲しています。

母狼は獲物を仕留めると、噛まずに飲み込み、そのまま巣穴に帰ります。

狼の子供たちは戻ってきた母狼の口の周りをペロペロ舐め、母狼は反射的に獲物を吐き出します。そして狼の子供たちはそれを食べるという生活様式でした。全ての犬はこの時の経験を記憶の中に刷り込まれています。

現在も犬たちは、飼い主や餌をくれる人を母犬として見立てて、口の周りや手などを舐めようとする場合があります。

犬があなたの顔を舐めるのは、親愛表現でもあります

引用の出典元:shutterstock.com

犬が口の周りを舐めるというのは、相手に対して甘えていたり、敵意を持っていませんよというアピールでもあります。

また、四六時中顔を舐めようとする場合は、犬が精神的ストレスを抱えている場合も考えられるのでお近くの動物病院で相談してみましょう。

ちなみに、父犬の口を舐めても同じように獲物を吐き出しますが、子犬に与えずにまた自分で食べてしまいます。

オオカミに関しては、メスが妊娠・出産するとオスがせっせと獲物を運ぶ習性があり、遊びや子育てもグループ全体で協力するそうです。

祖先が同じでも、進化の過程で様々な違いが出ていますね。

舐められることが嫌な場合は、しつけで改善しよう

引用の出典元:shutterstock.com

いくら犬が好きでも、顔をベロベロと舐められることは苦手・・という方も少なくありません。その場合は、舐められたくないということを犬に教えてあげる必要があります。

もし愛犬があなたの顔を舐めようとしてきたら、嫌な顔をしたり、その場を離れたり、または背を向けてみてください。

嫌な顔をというのは歯をむき出しにしてみたり、もし可能であれば鼻にシワを寄せ威嚇するような表情を作って見てください。女性にはちょっと難しいかもしれませんが・・・。

しつけの一環なので、根気よく続ける必要性があります。

また著者のかかりつけの獣医さんは、犬が顔を舐めようとしたら、おやつで気を引くとアドバイスしてくださいました。犬によって個体差がありますから、あなたの愛犬に一番効果的な方法を探ってみてください。

時には、犬と距離感を保つことも大切

引用の出典元:shutterstock.com

先日、著者が保護した犬を飼いたいと連絡をくれたお母さんとお子様が、自宅まで見に来てくれました。

その保護犬はよく手や顔を舐めるので、あらかじめお二人には注意をしていたのですが、近づいたお子様の手や顔を保護犬が舐めてしまいました。

案の定、帰りの車中でお子様が痒がって、アレルギーが出たそうです。残念ながら里親をキャンセルされました。

犬に悪気はないのですが、小さなお子様やアレルギーをお持ちの方、敏感肌の人も十分に気を付ける必要があります。

また、自分の愛犬が誰でも構わず舐めたりしないように、日頃からしつけで教えてあげることも大切なこと。

基本は舐めちゃダメで、合図(例えば「チュウして」)によって愛犬の舐めるという行為をコントロールすることも可能です。

お悩みの際には、ぜひお試しください。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ