どうすれば、犬は電車に乗れるの?

引用の出典元:shutterstock.com

日本における法律上、
犬は【物】とされています。
ということは、基本的に【物】ということで、電車に乗せることはできます。

手回り品ということで、長さは最大70cm、縦、横、高さの合計が90cm以内であれば、電車内に持ち込むことができます。
(※各電車の運営会社によってその基準は違います)

また、体重は10kg以内までという場合が多いようです。

ということは・・・小型犬は電車に乗れますが、中型犬や大型犬を乗せることはできないと言うことになってしまいます。

また、ゲージなどのしっかりとした物に入れることが条件となります。最近、多くの飼い主が利用しているペットカートですが、まだほとんどの電車では乗せることができません。

電車に犬を乗せようと思ったら、まず、自分が乗る電車の運行会社に問い合わせてみる方がよいでしょう。

犬を乗せるときの運賃ですが、無料のところもあります。こちらも、問い合わせるか、駅の改札などで直接聞いてみた方がいいと思います。

料金がいる場合、JRではおおよそ距離には関係なく280円となっています。

犬を電車に乗せる前に済ませておきたい、2つのこと

引用の出典元:shutterstock.com

ゲージに慣れさせておく


電車の中では、犬をゲージの中に入れておかなければなりません。もちろん、ゲージから顔を出すと言うことはできません。

そのため、あらかじめ、ゲージの中でもおとなしくできるようにゲージに慣れさせておく必要があります。

また、ゲージの中でも排泄ができるようにペットシートを敷いておいてください。


排泄は事前に済ませましょう


できれば電車に乗るまで排泄を済ませておく方がよいでしょう。

また、電車に乗る2時間前までには、犬の食事は済ませておきましょう。食べたばかりですと、慣れない電車に酔ってしまう子もいます。



犬と一緒に電車に乗ったときに注意すべきこと

引用の出典元:shutterstock.com

邪魔になりやすいゲージは、置く位置に注意


犬のゲージを膝の上に置くことは、避けましょう。もちろん、手荷物棚に置くこともできません。また、座席にゲージを乗せるのはやめましょう。

足元の手の届く範囲においておきましょう。
また、夏は直射日光の当たらないところにゲージを置きましょう。冬は、車内に暖房が入っています。ゲージの場所が暑くなりすぎないように気をつけてください。

また、車内で愛犬が吠えてしまったときは、迷惑にならないように人の少ないところへ移動したり、いったん電車から降りてホームなどで愛犬を落ち着かせてあげましょう。吠えるからといってむやみに声をかけると余計に吠える場合が多いですので、声をかけないようにしましょう。


動物が苦手な方もいるということ


電車は、公共の乗り物です。犬が好きな方ばかりが利用するわけではありません。

動物が苦手な方や、動物アレルギーの方もいます。この方々のことも考えて、行動しましょう。

ルールを守って、愛犬とお出かけを楽しもう!

引用の出典元:shutterstock.com

愛犬との電車での旅を楽しむためには、周りの人たちのことを考えながら、ルールを守ることが大切です。

乗車する時間も、ラッシュ時など人が多く騒がしい時間帯よりも少し人が少ない時間帯を選んだ方が、トラブルを避けるという意味では、いいかもしれませんね。

私達1人1人が、少しだけ注意をすることが重要なのではないでしょうか?

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi pug-pug
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード