初日からご飯を食べない子犬

引用の出典元:www.mirror.co.uk

イギリスのマンチェスターで暮らすドナさん家族は、地元のペットショップ『Dogs 4 Us』に行き、ラブラドールレトリバーの子犬を約9万5,000円で購入しました。

これから犬との幸せな日々が始まるはずでしたが、わずか5日後に子犬は死んでしまったのです。

「フレディを購入したとき、彼は健康そうに見えました」とドナさんは語っています。

自宅で過ごす最初の夜、フレディはほとんどご飯を食べませんでした。ドナさんは「きっと彼の兄弟姉妹から離されて分離不安になっているのかもしれない」と感じたものの、特に心配はしていなかったそうです。

しかし、次の日もフレディは元気がなく何も食べませんでした。子犬であれば元気に動き回り、モリモリとご飯を食べるはずです。

家族がフレディを購入したペットショップに連絡を入れたところ、ショップのかかりつけの動物病院に連れて行くように、と伝えられました。

獣医は子犬が病気にかかっていることを知っていた!?

引用の出典元:www.mirror.co.uk

家族は言われるがままに指定された動物病院を訪れます。獣医はフレディをチェックしたあと、いくつかの薬を手渡しました。

そして、鳥の胸肉と米を与え、状態が悪化したらまた連れてくるように伝えます。しかしこのとき、子犬にありがちな「パルボウィルス検査」はされておらず、これがフレディの命取りとなるのです。

案の定、フレディの状態は悪化し、なにもも食べないままに夜を過ごしました。

翌日、ドナさんがフレディを同じ動物病院に連れて行ったところ、獣医からは非常に伝染性の高いパルボウィルス感染症にかかっていることを告げられます。

あまりにも無責任な獣医に対して「あなたはフレディが危険な状態にあったことを知っていたはずです」と抗議しました。

しかし、どれだけ獣医を責めたとしても、苦しんでいるフレディはすでに手遅れで助かる見込みはなかったのです。

わずか5日間で息を引き取った愛犬

引用の出典元:www.mirror.co.uk

自宅にフレディを連れ帰ったドナさんは、これ以上苦しみの時間を与えたくない、と動物病院に安楽死の同意を求める電話を入れました。

ぐったりとして目を閉じたままのフレディを慰める10歳のルビーちゃんと5歳のジョエル君。

ドナさんは、子どもたちにフレディとお別れしなければならないことを伝えなければなりませんでした。

愛犬との楽しい暮らしを夢見ていた子どもたちは、あまりにも悲しい現実に言葉を失います。それでもフレディをこれ以上苦しませることは残酷であることを2人は知っていました。

そしてフレディは家族に見守られながら息を引き取ったのです。ペットショップから購入して、わずか5日後のことでした。

ペットショップの在り方が問われる

引用の出典元:www.mirror.co.uk

ドナさんはショックと悲しみを乗り越え、ペットショップに抗議します。店側は子犬の代金を払い戻しましたが、結局オーナーが現れることもなければ謝罪することもありませんでした。

しかも、フレディの犬種や健康状態が記載されている書類は店側に残っておらず、不誠実な対応が見え隠れします。

店側にメディアが取材したところ、「購入前にすべての子犬は検査されており、病気の徴候は示していなかった」と回答し、フレディの治療費は支払っていることを付け加えました。

ペットショップで子犬販売を禁止するキャンペーンを行っている人たちが店の前で抗議するなど、生体販売やパピーミル(子犬工場)撲滅の風潮がより一層高まっています。

日本と同様にイギリスでも、ペットショップでの生体販売禁止の法律を作るには、たくさんの壁があるようです。

家族となるペットをどこから迎え入れるのか、その選択肢は私たちに委ねられています。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード