韓国企業「Sooam Biotech」のクローン犬とは?

引用の出典元:www.dailymail.co.uk

韓国をクローン犬の開発国として世界中に名をしらしめた企業が、Sooam Biotechです。この企業のクローン研究者であるHwang Woo Suk博士がイギリスのテレビ番組に出演したことがきっかけでした。

そもそもSooam Biotech社は、2005年から550頭以上のクローン犬の誕生に成功しており、愛犬家の中には「私が飼っている犬の分身が欲しい!」と願い企業にクローン犬の依頼をする人が後を絶たないのだとか。

クローン犬がビジネスになりつつある現実

ペットのクローン化がタブー視されている一方で、Sooam Biotech社のHwang Woo Suk博士がイギリスのテレビ番組に出演して「クローン犬のプレゼント企画」を打ち出したことから、世界中に衝撃が走ったのです。

Sooam Biotech社は今までにも約1000万円の費用で、世界中から来るクローン犬製造の依頼を受けており、その多くが私たちと同じ一般の愛犬家だと言います。

愛する犬の生と死を見つめることは飼い主に課せられた大切な義務であります。

しかしそれ以上に、同じ遺伝子を持つクローン犬を製造させることは、永遠に是非が問われ続ける問題となってきているのです。

クローン犬の製造は、意外と簡単にできてしまう!?

引用の出典元:content.time.com

クローン犬を製造する際には、生きている犬・または死後5日以内の犬の皮膚を元にクローンを培養させ、卵子を提供してくれる犬と代理母となる犬によって新しいクローン犬を誕生させることができます。

この一連の流れはなんと2カ月という短期間であり、Sooam Biotech社はすべてのプロセスを自社で行います。

しかしクローン犬の誕生には、遺伝子の欠陥を持って生まれる確率も非常に高いため、満足のいくクローン犬を誕生させることができる成功率は30%ほどだとSooam Biotech社は述べています。

依頼者が望むような完璧なクローン犬が誕生するまで製造を繰り返す。

その都度、多くの命が失われていくことも忘れてはいけないのです。

クローン犬の是非は、飼い主の倫理観が問われる

引用の出典元:luxurylaunches.com

クローン犬は確かに愛犬と似た要素を持って生まれることから、同じ犬と一緒にいるような感覚になるかもしれません。

しかし、元の犬と100%同じ犬が誕生するわけではありません。同じ遺伝子を持つ新たなひとつの存在なのです。

犬を愛する皆さんは、韓国のクローン犬を造ることに賛成ですか?反対ですか?

参照:SOUTH KOREAN FIRM WILL CLONE YOUR DOG

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi cba-kyoto
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード