弾丸のようなスピードで走り抜ける小型犬

ロサンゼルスに拠点を置き、野良犬たちの保護活動を続ける『Hope For Paws』に、保護要請メールが届きました。

その内容は、ロサンゼルス国際空港にほど近いエリアに、人間を恐れて捕まらない野良犬が住んでいる、というものでした。

車を走らせ空港に到着すると……いました、いました!かなり小さな体の犬のようです。


しかし、車窓から見えた野良犬は、弾丸のようなもの凄いスピードで大通りを走り抜けて、あっという間に姿をくらましてしまいます。

これでは到底1日で捕獲することは不可能です。スタッフたちは、これは過去の事例からみてもかなり厄介なケースになるぞ、と覚悟しました。

賢さゆえに食べ物にも誘惑されなかった

引用の出典元:www.thedodo.com

最初の日、スタッフたちは猛スピードで走る小型犬が曲がった角辺りで捕獲することを計画しましたが、まったく無駄に終わりました。

それならば、と食べ物で誘惑する作戦を実行したものの、その犬にはまったく通用しませんでした。

そうこうしているうちに、とっぷりと日も暮れてしまい、いつものようにケージを置いて車内から見張ることにします。

小型犬は、それがワナであることにすぐ気が付き、一切近寄ろうとしません。この犬はスタッフが想像する以上に賢かったのです。

翌日の夜。「人間が無理なら、犬で行こう!」と、スタッフたちは野良犬と似た犬種の保護犬を現場で歩かせて「トモダチ作戦」を試みます。

これで上手いこと野良犬が親しくなってくれれば……と目論んだのですが、これまた失敗に終わってしましました。

すべての希望が失われかけたとき…

引用の出典元:www.thedodo.com

毎日、スタッフたちは新しい仕掛けを試したのですが、何日も野良犬の入っていない空のケージを乗せての帰宅となったのです。

「もう、すべての手は尽くした……犬を助け出すことは無理なのか」と、すべての希望が失われたように思えた7日目。ある男性から、野良犬がどこで寝ているか知っている、という情報が入ります。

「野良犬の意表をつけば安全に捕獲できるかもしれない、今日こそ絶対に保護するぞ!」と気合を入れ直し、万全の体制で空港に向かいました。

教えてもらった場所に行くと誰かが犬にエサを与えていた痕跡があり、その様子から、犬はまだそう遠くには行っていないことが判明します。

ラッキーなことに、そのエリアには大きなフェンスが張り巡らされており、大きなケージへと変身させれば犬を保護できる環境でした。しかし、フェンスの下側には容易に犬がすり抜けられるすき間があります。

スタッフたちは大急ぎで持参した防護ネットや防護柵で、フェンスのすき間をブロックする作業に取り掛かりました。

絶対にこのチャンスを逃すことはできません。這いつくばり草まみれになりながら、すべてのすき間をブロックしました。スタッフたちの息遣いも荒く、緊迫した様子が伺えます。

「犬は必ずここにいるぞ!よーし、完璧だ!……いたぞ!」

男性スタッフが犬に声を掛けたものの、人間が入れないほどに重なった草藪の中に身をひそめ、じっと覗くばかりで出てきません。

山ほどの枯れた枝と蜘蛛の巣が行く手を阻みます。男性スタッフはほふく前進で「大丈夫、大丈夫」と緊張した声で犬に近づきました。藪の奥は行き止まりになっていて、犬は座った状態で逃げません。

そう、まさにここが犬の寝床だったのです。そしてようやく、捕獲用のリードを犬の首にかけることができました。

人への不信感を乗り越えて可愛い犬に大変身

引用の出典元:www.thedodo.com

しかし、ここですぐに保護できたわけではありませんでした。犬は人間を酷く恐れ必死の抵抗を見せたのです。悲しいほどの恐怖心と不信感が、この小さな犬を苦しめ続けていました。

そして数分後、スタッフたちの優しさが犬に伝わったのでしょう、ようやく頭を撫でさせてくれるまでに落ち着き、車内に保護することができたのです。

女性スタッフの胸に抱かれた小型犬はまるで別の犬かと思うほどに表情を緩め、車内で新鮮な水を喜んで飲みました。

空港内を疾走し草藪で生活していた小型犬は、活発で愛らしい女の子でした。彼女の全身を覆っていたノミとダニはすべて除去されて、ようやく女の子らしい可愛さを取り戻すことができたのです。

足の速い女の子には"ベランカ"と名付けられ、別の動物保護団体の元で里親を待っています。ベランカは施設内でも元気に走り回り、ヤンチャぶりを発揮しているそうですよ!

ベランカをたくさん走らせてくれる飼い主さんが見つかるとイイですね。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード