犬の記憶力は人間並み

犬は一度関わった人間のことを生涯忘れない、ともいわれていましたが、その記憶力についてはまだまだ解明されていないことが多くありました。 

ハンガリーのブダペストにある研究チームが最近発表したことによると、「犬たちは過去の思い出や出来事を覚えている、もしくは思い出したりすることができます。それは彼ら自身に起こった重要な出来事だけではありません」

つまり犬たちは飼い主たちが取った行動の些細なことまで覚えている可能性があるということです。

痛い思い出がよみがえる

引用の出典元:www.sciencemag.org

犬の記憶力がいいからというわけではありませんが、犬がたくさんのことを覚えているとしたら、飼い主側の背筋が正されるような気持になりますね。

筆者がずいぶんと若い、10代の頃、少しだけイライラしていて、犬にやさしくできなかったこと、実は私にはあります。遊びたい!と寄ってきてくれたのに、無視してしまったり…。 

それからというもの私に元気がない時、心配そうに私の方を見つめていたのは、もしかしたら若い頃の私が犬に優しくできなかったことを犬はまだ覚えていたのかもしれません。

今はもうその犬は虹の橋を渡ってしまったのですが、そう思うと、今更ながらに胸が締め付けられる思いです。もしかすると、飼い主の未熟な行動が犬たちの心を傷つけていたのかもしれません。そして犬たちはそれをきちんと覚えていて、飼い主が少しでも喜ぶことをしてあげようとしていたのだと思うと、切なくて涙が出てきます。

私はあの頃飼っていた犬にたくさんの思い出をあげられただろうか、と。

たくさんの思い出をつくってあげよう

犬は人間と一緒にいきていくもの。彼らは自分たちの生涯を自分たちで形作ることはできません。犬たちの生涯は飼い主にかかっています。

犬は私たち人間が覚えているよりも、たくさんのことを記憶しています。それは同時に虐待の記憶や、愛されなかった記憶さえも。 

人間が思っている以上に、犬はさまざまなことを記憶しています。

たくさん大好きだよと声をかけ、抱きしめて、たくさんの楽しいを一緒につくってくださいね。きっとその思い出を、犬たちは一生忘れないはずです。 

参照:Your dog remembers more than you think

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi Amy03
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード