犬の登録は飼い主の義務!

引用の出典元:shutterstock.com

人間の出生届と同じように、犬も生後90日以降そこから30日以内にお住まいの市町村役場・保健所等で登録する義務があります。

また同時に狂犬病の注射も義務づけられますので、動物病院などで狂犬病の注射を受けた際に同時に登録もしてくれるところがあります。

犬の登録は1生に1度ですが、引っ越しや譲渡によって飼い主が変わった場合は、登録の変更届けが必要となります。

どうして登録が義務となっているの?

引用の出典元:shutterstock.com

犬の登録によって犬の所有者を明確にし、どこで、どれだけの犬が飼育されているかの把握できます。
そしてその登録状況は感染症のなどの対策を迅速にするために必要となり、義務化されているというわけです。

また、愛犬が万が一迷子等になって保健所などに保護された際に登録済みの犬鑑札を付けていれば、登録番号から所有者がわかり、飼い主のもとにかえって来る確率が高くなります。
このような理由から、引っ越した時は犬の登録先も変更するのを忘れないようにしましょう。

犬の登録は飼い主の義務。怠ると罰金刑?

引用の出典元:shutterstock.com

犬の登録と1年に1回の狂犬病の予防注射は飼い主の義務として法律で定められています。
この登録や注射の義務を怠ると罰金20万円か科料の罰則があります。

狂犬病は人間にも感染する病気です。
人間が感染するとほぼ助からない恐ろしい病気ですので、犬の登録と同様に狂犬病の予防注射もきちんと接種しましょう。

  • 高齢犬や、病気の犬などの場合

動物病院で診断書を書いてもらえば、接種の免除もできます。
愛犬の年齢と体調が気になる方は、動物病院で接種相談をすると良いでしょう。

意外と知らない人も多い?犬の登録義務について

引用の出典元:shutterstock.com

最近は登録義務について動物病院で親切に案内してくださるところも多くなっていますが、愛犬の登録は1生に1回きり、最初に手数料は掛かりますが、登録の変更は無料です。
登録変更も忘れないでしてあげてください。

この登録義務を怠っていると「行政のサービスを受けれない」「迷子になって保健所に保護されたときに殺処分」
など最悪の出来事も考えられます。

犬を飼ったら30日以内に登録する。
簡単な様で忘れがちな犬の登録ですが、ワンちゃんをお家に迎えたいのなら飼い主の義務として知っておきましょうね!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ