動物保護団体の敷地内に捨てられた4頭の子犬たち

引用の出典元:www.facebook.com

南米コロンビアにある『ジュリアナ動物保護団体』、通称JASの敷地内で、見慣れない黒い子犬が発見されました。発見したのは創設者ジュリアナ・カスタネダ・ターナーさんの妹です。

いつものように早朝ニワトリにエサを与えていたところ、保護した覚えのない子犬が歩いていたのです。すぐに子犬を抱きかかえ、敷地内に他にもいるのではないかと探し始めました。

ほどなくして、見慣れない白い袋が地面に置いてあることに気が付きます。2人は急いで固く閉じられた袋の紐をほどきました。

2人の目に飛び込んできたのは、袋に詰め込まれ衰弱している3頭の黒い子犬だったのです。

悪魔の心を持った人間だからこそできる遺棄行為

引用の出典元:www.facebook.com

白い袋から救出されたた子犬たちは生後5週間程度と思われ、ジュリアナさんが抱えている黒い子犬の兄妹でした。小さな体にはノミが数えきれないほどたかり、子犬たちは飢えと脱水にあえいでいる様子です。

誰がが捨てたのかはわかりませんが、動物保護団体の敷地だと知っていて捨てる行為は、完全に勘違いしています。

白い袋の口を固く縛っていたことから推測すると、「別に死んでもいいや」」という前提での遺棄行為だと思われます。どんな理由があったにせよ、まさに悪魔の心を持った人間であることに間違いありません。

偶然に1頭だけが何らかの形で脱出できたおかげで、残り兄妹たちの命もギリギリのところで救われました。

しかし、仮に動物保護団体のスタッフたちに気が付かれないような場所に捨てられていれば、間違いなく子犬たちは数日内に全員死んでいたことでしょう。

子犬の命に別状はないものの

引用の出典元:www.facebook.com

ジュリアナ姉妹は、4頭の子犬たちをすぐさま動物病院へと連れて行きます。子犬たちにはフィラリア予防の投薬やノミの除去などが行われました。

獣医によれば、飢餓と脱水による重大な病気は起きておらず、子犬たちの命に別状はないことが分かり一安心します。

犬の離乳期は7~10週頃といわれています。生後5週程度(35日)の子犬たちはまだ離乳前にもかかわらず、母犬の免疫をもらうことができなくなり、何より社会性を学ぶ機会を人間の手によって奪われてしまいました。

ジュリアナさんはこの悲しい遺棄事件に対してこう語っています。

「確かではないけれど、たぶんこの近所の人が子犬たちを投げ捨てたんだと思います。人間は、時々、悪魔のような行動を動物たちにしてしまうのです。」

子犬が無事に成長して里親さんに渡せるようになるまでは、ジュリアナ姉妹が大事に育てていく予定です。

今回の子犬遺棄事件は、まるで動物保護団体を犬捨て場のように考える、悪魔の心を持った人間がいることを物語っています。

こういった悪魔の行動から動物たちを守らなければいけません。やはり、安易に犬や猫を飼えてしまう現状のシステムを変えるしか方法はないのかもしれません。

NPOの保護活動を無料で支援できる取り組みを知っていますか?



Tsunayoshiでは、日本の動物保護団体が多く登録している「NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo(グッドゥ)」の協力のもと、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる取り組みを開始しました。

下記のリンクから支援ページに飛ぶことで、あなたの想いを動物たちを守る力に変えることができます!




gooddoは無料で社会問題の解決に参加できるサービスです。是非、あなたも無料で支援してみてください!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード