ビーグルの左目の眼球はなかった…

引用の出典元:www.thedodo.com

アメリカ・アラバマ州の路上でオスのビーグルが彷徨っているところを、動物保護団体『Two By Two Rescue』が保護しました。保護されたビーグルの左目には眼球がすでにありませんでした。

独りぼっちでどうやって生活していたのかもわかりません。しかし、1つだけ確実にわかることがあります。ビーグルには緑色の首輪がはめられており、目が不自由なのにもかかわらず飼い主に捨てられたのです。

右目も感染症で摘出することに…

引用の出典元:www.thedodo.com

動物保護団体のスタッフは、寂し気な表情のビーグルに"シェップ"と名付けます。獣医の診断を受けさせると、シェップの右目も重度の感染症にかかっていることがわかりました。

獣医はシェップの目がここまで状態が悪くなったのは、長期に渡りなんの治療も受けさせず無視し続けた結果だと判断します。

シェップの命を守るためには、どうしても右目の摘出手術が必要です。目の治療を専門とする獣医によってシェップの眼球は摘出され、彼は両目を失ってしまったのです。

まったく目が見えなくなったシェップでしたが、彼の心が折れることはありませんでした。スタッフにとって、シェップの強いハートだけが支えです。

盲目のビーグルに訪れた運命

引用の出典元:www.thedodo.com

動物保護団体では盲目となったシェップに里親さんが現れるか、きっと心配したことでしょう。しかし、スタッフの心配をよそに、シェップの運命は好転し始めます。

シェップに里親さんが現れました!動物保護団体のFacebookにアップされたシェップに一目惚れしたのは、女性のブラノンさんです。

ブラノンさんは、シェップとの出会いを次のように語りました。

「ある晩、『Two By Two Rescue』に掲載されたシェップの記事を見たんです。私はシェップの写真を見た瞬間、この子だわ!と運命を感じました。」

シェップが見た希望の光

引用の出典元:www.thedodo.com

ブラノンさんは、8歳ぐらいと推定されるシェップを引き取り、先住犬たちに紹介します。先住犬はみな保護犬です。犬同士、シェップにハンデがあることをキャッチしたのでしょう。全員がシェップに優しく接し迎え入れてくれました。

それからのシェップは、散歩に行くのが大好きで、盲目犬とは思えないほど明るく元気に過ごしています。


alt="">

【目が見えなくても僕は幸せ!】

ブラノンさん家族は、シェップを迎え入れてから人生そのものが変わったと言います。

「とても幸せそうに遊ぶシェップは、目が見えないことを全く気にしていないようです。彼の姿を見ていると、私たち家族は本当に幸せな気持ちになります。彼は私たちの人生に喜びと愛を与えてくれたのです。」


Gangs all here! #blinddog #bigdog #browndog #andjag #rescuedogs #dogsofinstagram

Shep, The Blind Beagleさん(@theblindbeagle)が投稿した写真 -




シェップの犬生の半分は辛いものでした。しかし、ブラノンさんの家族になった今、シェップは何倍も幸せな時間を満喫しています。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo