愛犬に元気がない原因...コエンザイムQ10の不足?

引用の出典元:shutterstock.com

愛犬が、ご飯の量はしっかり食べているのに、元気がないときはコエンザイムQ10が不足していることがあります。

犬の活動力の決め手であるエネルギーは、ご飯を食べて摂取した栄養素を「燃焼」させて作り出されます。この時に必要なのが、補酵素と呼ばれるコエンザイムQ10です。

コエンザイムQ10とは、細胞の1つ1つに存在してエネルギーを作り出すのに不可欠な存在です。しかし、これほど重要な働きを持っているにも関わらず、年齢とともにどんどん減少してしまうことがわかっています。

コエンザイムQ10が少なくなっている状態だと、効率良くエネルギーを作り出せずに、慢性的にエネルギー不足となるので、元気がないだけでなく細胞機能までもが低下してしまうのです。

その結果、疲れやすい、太りやすい、毛艶がなくなる、免疫力が下がる、といった状態が現われてきます。

いわゆる、老化現象と呼ばれる状態ですね。

犬の老化現象に関して詳しく

体のサビの原因に働きかけるコエンザイムQ10の力

「体がサビる」という言葉をよく耳にするかと思います。

サビの原因は活性酸素にあることがわかっています。細胞を破壊しDNAを傷付け、老化や病気の原因となる活性酸素ですが、いかに除去するかが、愛犬の若さのポイントになってきます。

実はコエンザイムQ10は、強力な活性酸素除去作用を持っているのです。食品ではブロッコリー、イワシ、レバー、ピーナッツなどにコエンザイムQ10は含まれています。

ただし、食事から必要な量を摂ろうとすると、相当量のエサの量になってしまいます。元気がない老犬にモリモリ食べなさい...というのも到底無理な話ですよね。

なんだか元気がない愛犬に 犬用還元型CoQ10
なんだか元気がない愛犬に 犬用還元型CoQ10
コエンザイムQ10の摂取が、老化や病気の予防に重要であることがわかってから、人間だけでなく犬にもコエンザイムQ10のサプリメントが愛用されているんですよ。

老犬や肥満といった食事の量を増やせない愛犬にも、サプリメントなら安心して摂らせることができますね。

3歳から与えたいコエンザイムQ10

引用の出典元:shutterstock.com

元々、コエンザイムQ10は体内で作り出すことができるのですが、驚くことに、人間は20歳を過ぎると加齢とともに減少の一途をたどります。ストレスや運動不足も減少を加速させます。

犬も同じで、3歳を過ぎたころからコエンザイムQ10は減少していくと考えられています。

もし、愛犬が同じ年齢の犬と比べた時に、全然見た目に違いがあるなら、コエンザイムQ10を与えると良いかもしれません。

愛犬の元気は、飼い主さんが決めているといっても過言ではありません。毎日の食事にコエンザイムQ10をプラスして補ってあげましょう。

効果的なコエンザイムQ10の与え方とは?

愛犬の長生きにも!コエンザイムQ10の力

引用の出典元:shutterstock.com

愛犬が元気に活動するために不可欠なコエンザイムQ10。実は、愛犬の病気の予防にも力を発揮するんです。

心臓病、高血圧、がん、歯周病といった、犬の長生きを妨げるような病気の予防に役立ちます。逆にコエンザイムQ10が不足がちだと、愛犬がこのような病気に罹りやすい体質になってしまう、ともいえますね。

愛犬がいくつになっても元気に遊んで、キラキラした瞳を向けてくれるのは、飼い主として本当に嬉しいことです。大切な愛犬が元気で長生きするよう、コエンザイムQ10を十分に摂取させてあげたいものですね。

サプリメントで補充する場合は「酸化型」ではなく、「還元型」と記されているコエンザイムQ10がおすすめです。




いつものフードにふりかけるだけ、という使いやすいサプリメントもありますので、ぜひ試してみて下さいね。

還元型コエンザイムQ10 サプリメント詳細はこちら

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード