動物虐待から瀕死の犬を救出!再び美しい姿を取り戻すまでの6週間

引用の出典元:www.youtube.com

保護団体によって救助されたこの犬が「パンプキン」という素敵な名前をもらいました。

実はパンプキンには1匹の子犬がいて、2匹は同時に保護されていました。しかし、懸命な治療にもかかわらず、子犬の命が助かることはありませんでした。

パンプキンの身体の傷は、化学薬品によって人為的に負わされたものでした。火傷の他にも、BB弾で打たれたかのような無数の痕跡が身体には残っていました。酷い虐待を受けていたことは明らかでした。

引用の出典元:www.youtube.com

その後も保護団体の献身的なケアのおかげで、保護されてから6週間後にはパンプキンはすっかり元気な姿を取り戻します。

元気になったパンプキンは、新たな家族に引き取られることが決定しました。今度は優しい人間のもとで、幸せな第二の犬生を歩んでいって欲しいですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ぷるーと
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード