なぜ犬を飼うの?

私たちはなぜ犬を飼うのでしょうか?

子犬がかわいいから、みんなが飼っているから、命の大切さを子供に教えたいから、犬は自分のパートナーだから・・・。

犬を飼う理由は本当に様々ですし、どの理由が正しくて、どの理由が間違っているという話ではありません。

ですが、安易な理由で犬を飼ってしまった場合、後からのしかかってくる責任を果たすことが出来ずに動物を簡単に手放してしまう人も多いように思います。 

ドイツの犬税

ドイツでは昔犬は「贅沢品」と考えられていました。そのため、現在に至るまで犬を飼う場合には“犬税”と呼ばれるものがかります。

自治体によっては犬一等につき年間70ユーロ(約9千円)から140ユーロ(約2万円)を払う必要があります。

これは元々、衝動買いや無責任に犬を飼うことを防ぐためにこの税金が設けられたと言います。

これにより、飼い主の犬に対する責任感はある程度保たれていると言われています。

犬税は動物保護に使われているのか?

飼い主に責任感を持たせることに対して有効な犬税ですが、この犬税は動物保護やアニマルシェルターなどの維持に使われているわけではありません。

この事実はドイツ人でさえ把握していない人が多く、今でも多くの人が犬税は犬のために使われていると勘違いしていると言います。

ベルリンは犬を飼う世帯の比率が非常に高く、また犬の糞の放置率も非常に高いのですが、これはもともと「あんなに高い犬の税金を払っているのだから、自分は犬の糞を始末しない。行政がするべきだ」と考えた人が多かったためだと言われています。

ドイツでは犬税が動物に直接使われているわけではありませんが、多くの人が寄付や募金という形で動物保護、や愛護に関わっています。

動物が好きでも動物を飼えない人たちもこういう形で動物のサポートが出来るのは良いことですね! 

日本でも犬税を導入するべきなのか

大阪府の佐野市で犬税が検討されたことがありましたが、最終的には断念されたようです。

飼い主の意識を高めるためには有効な犬税ですが、現在犬税を導入すると無責任な飼い主たちが犬を捨てたり、またせっかく動物を保護しているシェルターにも犬税がかかるとなると現時点で犬税を日本に導入するのはなかなか難しそうです。

義務や罰金を科さなくても、「犬好きが責任を持って犬を飼う」ということがきちんとできる日本でありたいですよね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ