動けない野良犬を助けてあげて!

引用の出典元:youtu.be

その日、動物保護団体の「Hope For Paws」に1本の電話が入りました。「ボロボロになったプードルが衰弱しているの。助けてあげてください!」

スタッフが現場に到着すると、そこにはひどく汚れているホームレスドッグがいました。毛が伸びきって、カチカチに固まった毛玉が、長年帰る家がなかったことを物語っています。

スタッフが近づくと怖がって吠えるものの、あまり動けない様子で、逃げ出すこともできない状態でした。

保護するために、「大丈夫、大丈夫だよ。」と優しく声を掛けながら、捕獲ロープをプードルの顔に近づけていきます。プードルは鼻の辺りの筋肉をピクピクさせ、低い唸り声をあげながら、捕獲ロープに噛みつきます。

性別すら分からないほど、全身毛玉まみれ

引用の出典元:youtu.be

少し経つとプードルは事態を理解したのか、スタッフの捕獲ロープを受け入れました。スタッフが頭を撫でて落ち着かせます。「この人たちは、自分を助けに来てくれたんだ」と、本能的にわかったのかもしれませんね。

手足や耳、背中からお腹と、全身を毛玉に覆われてしまったこのプードルは、ベテランスタッフの経験をもってしても性別すら分からない状態でした。ゆっくりお腹の辺りを確認し、「女の子だわ。」と一言。

スタッフが声を掛けながら、赤い花柄のリードをかけてあげます。これは保護した犬の幸せを願って「Lucky Leash(幸運の紐)」と呼ばれています。

ついさっきまで唸っていたのがウソのように、プードルは穏やかに、そして少し不安そうにスタッフの顔を見上げていました。

可愛らしいプードルに大変身!

引用の出典元:youtu.be

保護されたプードルの女の子は、その場で「Dolly ドリー」と名前をもらいます。ドリーの意味は「贈り物」という意味をもっています。

ドリーの体を確認したところ、大きな怪我はありませんでした。スタッフは、ドリーをトリミング施設に連れて行き、キレイにしてもらいます。

耳からぶら下がっていた大きな毛玉もカットされ、長年の辛さを物語る毛玉が、少しずつドリーの体からなくなっていきます。

ここまでひどい状態であれば、そうとう皮膚への負担も大きかったと思われます。犬は人間の痛覚より鈍いとはいえ、相当な痛みを感じていたのではないでしょうか。それであまり動けなかったのかもしれません。

皮膚に付いたダニやノミを洗浄液で取り除いてもらいます。数時間ののち、ドリーはプードル本来のフワッフワの被毛を取り戻すことができました。

少し栄養失調が見られましたが、数日で元気な状態に戻り、愛くるしい表情を見せてくれるまでになったのです。

安住の地で、ふたたび人間の愛に包まれて


youtube.be

ドリーはもうホームレスドッグではありません。同じプードルを飼っている里親さんがすぐに見つかり、ドリーはふたたび人間と共に暮らせるようになったのです。

見てください!「おすわり」も「お手」も上手にこなす可愛らしいしぐさを!

きっと以前の飼い主さんが教えていたのでしょうね。どんな理由でドリーを捨ててしまったのかは誰にもわかりません。何か飼えない事情が起きたのでしょう。

どんな事情だったにせよ、捨てるのではなく、せめて誰か別の人に飼ってもらうところまで、飼い主には責任があるはずです。

保護団体に救われる尊い命たち

引用の出典元:youtu.be

動物保護団体の活動は、犬を捨てる人間がいなくならない限り「イタチごっこ」的な活動なのですが、それによって多くの犬の命が救われ続けています。

ホームレスドッグだったドリーもまた、保護活動によって安住の地を得ることができた1匹なのです。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード