愛犬の爪切りを怠るとどうなるの?

引用の出典元:www.flickr.com

犬が爪切りを嫌がってドタバタしたり、飼い主を噛んでしまったりするので爪切りをあきらめていたり、ついつい伸びきってしまうまで爪切りをしなかったりしていませんか?

伸びきった爪を放置しておくと、肉球に食い込んでしまったり、伸びた爪で身体を引っ掻いて皮膚を傷つけることもあります。

個体差にもよりますが月に1度は爪切りを行うのが理想的です。

爪切りが嫌な理由は?

引用の出典元:www.flickr.com

犬が爪切りを嫌がる理由は様々考えられます。

・道具を使うことが怖い
・深爪をされたことがありトラウマになっている
・爪切りの時の飼い主の緊張を感じ取っている
・手を触られるのが嫌

道具を怖がっている場合は、爪切りがある生活を日常的にしてあげます。爪切りを普段からよく見せてあげたり、匂いをかがせて危険なものではないよと犬に教えてあげます。

手を抑えられることが嫌いな犬は多いので、日頃から手に触って撫でてあげたり、抱っこして体を固定されることになれさせていきます。

そして、爪を切る時飼い主は緊張せず、深爪しないように努めてください。

深爪して血管を切ってしまうと止血するのは難しいです。事前に獣医さんから止血剤を処方してもらい【もしも】の時に備えるといいと思います。

自宅での犬の爪切りの方法

引用の出典元:www.wisegeek.com

犬の爪を切る時には次のものを用意します。

・ギロチンタイプの爪切りもしくはニッパータイプの爪切り
・念のため止血剤

犬の爪には2つの色があります。

白い爪の犬の場合は血管が見えるのでわかりやすいです。爪をよく見るとピンク色の部分と白い部分があります。

ピンクの部分は血管ですので白い部分のみをカットします。黒い爪の犬の場合は爪の色素が強く爪全体が黒いのでピンクの部分が見えません。黒い爪の場合は少しずつ切っていきます。

断面の真ん中に色の違うポイントが見えると血管の始まりです。これが見えたらカットをやめてください。

最近北米で注目のアイテム

引用の出典元:www.rakuten.com.my

犬用の爪切りの代わりに爪やすりなどを使用している人もいますよね。最近北米で注目を浴びているのが【Pedi Paws(ペディ パウ)】です。

電動の爪やすりなので、主導のものと比べても時間も短く音も大きくないので安心してペットに使えます。

誤って犬が暴れだしてもやすりはカバーで覆われているので飼い主の皮膚を傷つけられる心配はありません。

使い方はキャップにあいている爪用の穴に爪を入れ削るだけです。保護キャップが爪の削り過ぎを防ぐので安心ですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi Saori.A
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード