吹きすさぶ荒野に捨てられた子犬

引用の出典元:www.youtube.com

まだ赤ちゃんのピットブルが捨てられていたのは、身を守る場所すらない荒野でした。医療チームの元に届けられたときには、子犬は自力で立つことはおろか呼吸も弱い状態でした。

全身の被毛は抜け落ち、肌は疥癬に侵され固くひび割れています。首には古ぼけた大きな首輪が付いていました。

なぜ人間はこんなにも残酷になれるのでしょう。自分も酷いな目に遭わないと分からないのでしょうか。

重度のダメージを負った心と体

引用の出典元:www.youtube.com

医療チームはメスのピットブルに"ジュリア"と名付け、詳細な診察を始めます。脱水症状だけでなく、ジュリアの肌は1,000ヵ所以上もハエやダニに刺され、感染症を引き起こしていることがわかりました。

心が折れていたジュリアは、無表情のまま小さな体を震わせることしかできませんでした。飼い主に荒野に置き去りにされた不安感は計り知れません。

もし、ジュリアが心優しい飼い主の元で暮らしていたなら、子犬ならではの愛らしい表情で走り回っていたはずです。

ジュリアのつぶらな瞳は何を目撃してきたのでしょうか。鬼のような顔で自分を叩き、背中を向けて立ち去る飼い主の姿だったかもしれません。

ジュリアの自信を失ったかのような表情を見ると、本当に心が痛みます。

生きようとする気力とスタッフの尽力が実る

引用の出典元:www.youtube.com

ジュリアは生きる気力を失っていませんでした。しかし、医療を施されなければジュリアの感染症は治りません。

スタッフがジュリアにフードを与えると、横たわったままではありましたが、必死に食べました。保護されて温かい施設内でぐっすり眠ったため、水や食事を受け付ける体力が戻ったのでしょう。

それからの毎日、医療チームの誰しもがジュリアの心に寄り添い、徹底的に疥癬の治療が行われます。

そして、6週間後!ジュリアは立って歩けるようになり、さらには走ることまでできるようになっていたのです。

ジュリアの生きようとする強い意志と医療チーム全員の尽力が実った瞬間でした。

飼い主から捨てられ瀕死の状態にあった子犬は、今、世界中のどんな子犬よりも無邪気で幸せな犬に見えます。

完全に治るまでにはまだ時間がかかりますが、ジュリアの心は完全に復活し自信に満ち溢れていました。

犬を捨てる行為の愚かさに気付いて


■紫の首輪を付けてもらったジュリア

ジュリアを捨てた飼い主が、こんなに元気に走り回る姿を見たらいったい何を感じるのでしょうか?

「フン、余計なことをしやがって」そう思うのでしょうか?それとも「捨ててしまってゴメンよ、もう一度一緒に暮らそう!」そう考えるのでしょうか?

筆者は、後者であってほしいと願います。それがたとえキレイごとだとわかっていても、そう願い続けることしかできません。

犬を捨てた行為は、その人の記憶に一生残るはずです。そして、その記憶は必ずや自分自身の心を委縮させ、自信を失わせる"巨大な負のエネルギー"へと変化することでしょう。

負のエネルギーを背負ったまま生きるより、自分と他のすべての命を愛する生き方のほうがラクなのだ、ということに気が付いてほしいと願うばかりです。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード