新郎も新婦も同じサプライズを計画していた!

引用の出典元:www.thedodo.com

結婚式が近づいたデイビッドさんは、動物が大好きな花嫁のジェニーさんを驚かせようと、サプライズを計画します。それは犬を巻き込んでの素敵な計画でした。

デイビッドさんは、彼の友人で『ダーウィンアニマルドクターズ』の共同創設者でもあるトッドさんに、ある相談を持ち掛けます。

トッドさんは、かつて事故に巻き込まれて3本足になってしまった"ピギー"をドミニカ共和国から引き取った里親です。

ピギーを結婚式のリングベアラーとして参加させられるか、彼が普段付けているベストに指輪を取り付けて運ぶことは可能か尋ねました。

その数時間後、驚くべきことが起こります。なんと、トッドさんの元に、新婦のジェニーさんからデイビッドさんと同じ相談があったのです。

もうこうなれば、サプライズこそできなくても、リングベアラーにピギーを採用するのは決定です。

サービスドッグとして活躍中のピギー

引用の出典元:www.facebook.com

2009年のことでした。新郎の友人のトッドさんとアンドレアさんは、ピギーをドミニカ共和国からニューヨークに空輸して救助しました。

ピギーは、ドミニカのビーチで迷子になっているところを保護されたのですが、バスにぶつかって後ろ足に大ケガを負った状態だったのです。

命と引き換えに後ろ足の片方の切断を余儀なくされたピギーには、継続的な治療が必要でした。それを知ったトッドさんとアンドレアさんは、ピギーの里親になることを決断し、ニューヨークに空輸したのです。

それ以来、ピギーはトッドさんたちの創設した『ダーウィンアニマルドクターズ』が開催する、動物愛護のイベントや啓蒙活動の場でサービスドッグとして活躍しています。

日頃からピギーの活躍ぶりを見ているトッドさんにしてみれば、新郎が心配していた足の問題も大丈夫だと考えたのでしょう。

威風堂々としたリングベアラーに感動の嵐

引用の出典元:www.thedodo.com

ゲストが座る椅子の間をまっすぐ通り抜け、指輪を運ぶ役目を担ったピギーは、結婚式当日までの時間を使い練習を重ねました。

普段サービスドッグとして活躍しているピギーにとって、人々の横に立ち止まるのが習慣です。しかし、今回はたくさんの参列者の祝福の声に反応することなく、一直線に歩まねばなりません。

そしていよいよ結婚式の当日。ピギーが普段着ている「サービスドッグ」のタグ入りベストに、指輪を通したリボンが取り付けられます。失われた足には義足も装着されました。

指輪の交換はセレモニーでも最大の見せ場です。ピギーは自分に与えられた役割をしっかりと理解している様子で堂々としています。

参列者が見守る中、ピギーは新郎の誘導を得ながら、まっすぐに通路を歩み始め新婦の元へ。そして、新郎の顔を見上げると足元に静かに座り、背中の指輪を渡すことができました。

新郎も新婦も、最初からわかっていたサプライズでしたが、ピギーから渡された指輪を交換し終えたとき、2人は溢れる感情を抑えることができませんでした。

参列したゲストたちからは、大きな拍手と称賛の声が2人と1匹に贈られました。

一見簡単そうに見えても、犬にとってよそ見せずに通路を歩くのはとても大変なことです。それでもピギーは大役を成し遂げました。

「リングベアラー犬」のニーズが増えそう!

引用の出典元:www.thedodo.com

挙式中、ピギーは芝生に横たわりお利口にしていましたが、披露宴の時間になるとゲストたちの前でリラックスし始めます。

子どもも大人もゲストのみんなは、ピギーに触りたいのをずっと我慢していました。ピギーが一人一人の目を見てお手をしてくれただけで、誰もが一気に和やかな気持ちにさせられます。

式場のカメラマンたちは、「すべての結婚式には公式の犬が必要だな!」と、ピギーと触れ合って盛り上がるゲストの笑顔を見て、全員の意見が一致したそうです。

今回は結婚式のリングベアラーとして活躍したピギーですが、普段はニューヨークの学校や図書館を訪問し、人道的な教育活動の場で人々と触れ合って活躍しています。

日本でも、愛犬と一緒に参加できるガーデンウェディングが人気ですね。アメリカの挙式で犬のリングベアラーが当たり前になれば、数年後の日本でも「式場専属のリングベアラー犬」が登場するかもしれませんよ!

これから挙式の計画がある人は、愛犬と一緒のウェディングを検討してみてはいかがでしょうか!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ