【厳禁】犬にお酒は絶対にいけません!

引用の出典元:www.shutterstock.com

犬は、人間が口にするものに興味を持ちます。また、お酒の中には甘い香りがするものがあり甘いものが好きな犬たちは興味津津です。動画などで、千鳥足になっている動物の映像がよく流れますが、犬にアルコールを与えても大丈夫なのでしょうか?

そんなわけありませんよね。
犬にお酒は絶対に与えてはいけません。

人間はお酒を飲んで酔っ払ってもアルコールを分解すればだんだん酔いがさめ、元の状態に戻ることができます。

ところが犬はアルコールを分解することができません。アルコールが分解できないので体内にアルコ-ルが残り中毒症状を起こします。そのまま亡くなってしまうケースもあります。

知ってた?犬はアルコールを分解することができない

引用の出典元:www.shutterstock.com

人もお酒を飲むと酔っ払い、二日酔いになったり、吐いてしまったりと楽しいことばかりではありません。飲めない方が飲み過ぎてしまい急性アルコール中毒で亡くなることも時にあります。

吸収されたアルコールは肝臓で分解されて無毒化されます。肝臓にアルコールが運ばれるとアルコール脱水素酵素でまず分解されアセトアルデヒドになります。これがアセトアルデヒド脱水素酵素でさらに分解され無害な水と二酸化炭素になり排泄されます。アルコールが分解されなければ脳幹(命を維持する上で最も大事な器官)を抑制し呼吸機能や心肺機能が停止し死に至ります。またアセトアルデヒドはアルコールの10倍以上の毒性を持っています。アルコールの分解ができなければ毒が体に回り中毒を起こし最悪亡くなってしまいます。

犬は人と異なりアルコールを分解する酵素をもっていません。犬がアルコールを飲んでしまうと一気に中毒を起こし取り返しのつかないことになってしまいます。

犬が危険なアルコールの量

引用の出典元:www.shutterstock.com

犬にとってお酒は非常に危険で命にかかわるものです。では、どのくらいの量を飲んでしまったら危ないのでしょうか?

身近なアルコールを例にとると・・・、

  • ビール(アルコール度数5%)   :約110ml
  • 日本酒(アルコール度数15%)  :約37ml
  • ウイスキー(アルコール度数40%):約14ml


これは体重1㎏あたりの致死量です。体重が3kg程度の小型犬が日本酒を100ml(牛乳瓶1/2)を間違って飲んでしまうと確実に命を落とします。ウイスキーならば40mlという少ない量で死亡してしまいます。

これ以下の量であれば、大丈夫というわけではありませんのでご注意ください。

万が一飲んでしまった場合はどうすればよいのか?

引用の出典元:www.shutterstock.com

万が一飲んでしまった場合、残念ながら家でできる応急処置はありません。

薄めればよいのでは?と思い水を飲ませるのは止めましょう。酔ってしまっていますので、下手に飲ませると誤嚥してしまい呼吸困難から窒息死することも考えられます。

救急で診てもらえる動物病院に連絡し、直行しましょう。

行く前に、「いつ」「何を」「どのくらい」「今の状態」を先に伝えると、到着後すぐに処置に入ってもらえます。一刻を争いますので、着いてから説明していては間に合いません。

まず大事なのは、お酒を犬の近くに放置しないことです。また、お酒を飲む時には犬はサークルに入れておくことをお勧めします。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi kaoridama
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード