逃げる犬のしつけ①:「来い!」の意味する言葉を一貫させる

逃げ出してしまった犬を呼び戻すしつけをする際に大切なことが、「来い!」という言葉をひとつに定めて一貫して使うことです。

飼い主さんやご家族がそれぞれ好きな言葉を使って「来い!」「おいで!」「○○~(犬の名前)」などバラエティに富んだ「来い!」では、言葉の威力が薄れてしまいます。

その犬を飼っている人たちが共通して使う言葉を一貫させることが、しつけをする際に重要なことなのです。

逃げる犬のしつけ②:決して犬を脅すようなしつけをしない

引用の出典元:pixabay.com

度々逃げ出し呼んでも戻ってこない愛犬に疲れてしまい大声を上げて犬を脅すようなしつけをしてはいけません。

暴力や脅しに頼ると最初のうちは犬も言うことを聞きますが、時間が経つにつれて飼い主さんに聞く耳を持たなくなってしまうのです。

緊急事態でもない限りは、脅しに繋がるようなしつけをしないように気を付けましょう。

犬も人間と同じで脅しを使うような人に従う気にはなれないのです。

逃げる犬のしつけ③:愛犬が最高に喜ぶご褒美を用意する

犬を呼び戻すしつけの初期段階では、愛犬が最も喜ぶご褒美を用意してあげましょう。

その犬が大好きなご褒美を把握して上手に使うことで犬自身の意欲を高めて、しつけの成功に繋がるのです。

逃げる犬のしつけ④:戻って来なくても決して罰を与えない

引用の出典元:www.flickr.com

しつけの最中で愛犬が呼んでも戻ってこない場合、罰を与える必要は決してありません。

次の機会にできなかった点を回避するように教えてあげればいいのです。

飼い主さんは焦らずに時間をかけてじっくりとしつけをするように心がけましょう。

逃げる犬のしつけ⑤:犬が嫌いな状況化で「呼び戻す」しつけをしない


犬を呼び戻すしつけをする時には、その犬が好きではない状況下で行ってはいけません。

犬が気分が乗っていない場合や好きではないことをしている時に、呼び戻すしつけをしても目覚ましい効果を得ることはできないのです。

犬自身が「楽しい!」という気持ちを持っている状態で呼び戻すしつけをすることができれば、「楽しい」という記憶が犬自身に残り次に呼び戻された時に喜んで戻ってくることができるのです。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi cba-kyoto
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード