本当に危険!犬がチョコレート中毒を起こす原因

引用の出典元:www.flickr.com

犬が食べてはいけないものとして有名なチョコレート。チョコレート中毒はチョコレートの中に含まれているテオブロミンという苦み成分が原因で起こります。

テオブロミンには大脳興奮作用や呼吸興奮作用があります。中でも心臓の鼓動が増加する心悸亢進作用が非常に強く、心臓発作などを起こして死に至ることもあります。

犬は人間よりも肝臓でのテオブロミンの代謝速度が遅く、なかなかテオブロミンが分解されないため中毒症状を起こしてしまうのです。

テオブロミンはチョコレートの他にも、カカオ豆を使った製品やコーラ、お茶に含まれているためこれらのものを犬に与えてはいけません。

どのくらいチョコレートを食べると中毒症状を起こす?

引用の出典元:www.masuda-rui-heart.sakura.ne.jp

犬がチョコレート中毒を起こすのは、体重10kgでテオブロミンを500~1000㎎摂取したときだと言われています。ご自分の愛犬の体重からテオブロミンの量を計算する際の数式を下に用意しましたので参考にしてみてください。

体重(kg)×(50~100)=チョコレート中毒が起きるテオブロミン摂取量(㎎)

チョコレートの種類によってテオブロミンが含まれている量が異なりますが、最もテオブロミン含有量が少ないミルクチョコレートでも100g中に約155㎎のテオブロミンが含まれています。詳しくは上の表を参考にしてみてください。

ココアパウダーや砂糖分の少ないチョコレートはカカオ豆の成分が強く、テオブロミンの含有量も大変高くなります。甘みの少ないチョコレートの場合にはごく少量でも危険な状態になることがあるということです。

ここに書いた量は目安です。少量でも中毒を起こす犬もいますし、チョコレートによってテオブロミンの含有量は異なります。自己判断をせず、チョコレートを食べてしまった場合には必ず動物病院に相談しましょう。

犬のチョコレート中毒の症状

引用の出典元:www.flickr.com

犬がチョコレート中毒を起こしたときの症状は以下のようなものがあります。


  • 嘔吐
  • 下痢
  • 興奮
  • 不整脈
  • 息が荒くなる
  • 体温が上がる
  • フラフラする
  • 震える


これらの症状はまだ軽いもので、重篤になるとさらに以下の症状が起こります。


  • けいれんを起こす
  • 心臓発作が起きる
  • 昏睡状態になる
  • 血尿が出る
  • 脱水症状を起こす


チョコレート中毒は症状が進むと死に至ることもあります。チョコレートを食べてしまったときには早急に対処することが重要です。


チョコレートを食べてしまったときの応急処置

引用の出典元:www.flickr.com

チョコレートを食べてしまった場合、まずチョコレートを吐かせるのが先決です。少量だとしても、食べた直後であればすぐに吐かせましょう。吐かせ方については上の動画で紹介している通りです。

大型犬であれば、食塩の量を増やしてみましょう。オキシドールを1回1~5ml(犬の体格に合わせてください)飲ませて15分ほど様子を見て、それでも吐かなければこれを繰り返すという方法もあります。

吐かせる作業をしながら、動物病院への連絡も忘れずに。もし動物病院が開いていれば吐かせる処置や対処方法を指導してもらえることもあります。

チョコレートをどのくらい食べたのか伝え、正しい対処方法を指導してもらいましょう。

おすすめ記事:犬にっては毒となる!覚えておきたいチョコレート中毒の危険性

合わせて読みたい!:絶対NG!犬の命にかかわる危険な食べ物と成分


無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi しおすけ
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード