犬捨て場の海岸で発見された子犬

引用の出典元:www.thedodo.com

2013年のこと、観光地として人気のアメリカ自治領プエルトリコの海岸で、4匹のワイマラナーの子犬が発見されました。

この海岸は地元でも有名な「犬捨て場」だったのです。

地元の動物保護団体が動物病院に連れていくと、生後12週齢程度の子犬のリンパ腺は腫れており「ジステンパー」だと診断されました。

3匹は治療により回復したものの、"マレー"と名付けられた子犬の容態は重症で、団体の代表ベックルさんは獣医から安楽死を勧められたのです。

ベックルさんも辛い決断ではありましたが安楽死を了承し、マレーを診察台に乗せました。そのときマレーは大きく尻尾を振り獣医を見上げました。

その瞬間、獣医はマレーに安楽死を実行することができなかったと言います。マレーに残されたわずかな生きる力を信じて治療を開始しました。

奇跡が訪れ命は救われたが…

引用の出典元:www.thedodo.com

治療にあたった獣医を始めスタッフたちの誰もが、マレーが生き延びるとは考えていませんでした。しかし、奇跡は起きたのです。

軽い発作や進行中の問題を抱えているものの、治療によってマレーは回復しました。しかし、ジステンパーによる後遺症で、成長とともにマレーの頭は変形していきます。

さらに、マレーの歯は腐ってしまったために大部分は抜歯され、マレーの舌は口から垂れ下がるようになりました。

病気による体の変形を抱えたマレーは保護施設で暮らすことになりますが、里親ができる確率は低いことは明らかでした。

「心から愛しています」

引用の出典元:www.thedodo.com

そんなマレーに2度目の奇跡が訪れます。2013年の11月、マレーに初めての家族ができたのです。

学生のマッケンジーさんを含む5人家族と、救助犬のピリとフォックス、猫のダフネが暮らす大家族の一員になりました。

元気を取り戻したマレーは、先住犬たちと一緒の散歩が大好きになり、1匹がハウリングし始めると真似して一緒にハウリングを開始します。

家族全員と先住犬や猫が大好きで、いつも満足そうに尻尾を振るマレーの心は幸せに満ちていました。

2016年、マッケンジーさんが大学卒業のためにマレーたちと離れることになりましたが、パソコンでビデオ通話をしてマレーを寂しがらせないようにしたのだそうです。

「私は彼を愛しています。毎晩マレーは私の部屋で一緒に寝るのよ。ビデオ通話でもう寝る時間よ、と言えば私の部屋に走っていくの」と、マレーと暮らせる喜びをマッケンジーさんは笑顔で語りました。

犬の幸せは人間の手に委ねられている

引用の出典元:www.thedodo.com

マレーが救出されてから数年以上が経ちますが、動物保護団体のベックルさんは今でもマレーのことをよく覚えていると言います。

そして、「マレーの外見はほかの犬とは違いますが、彼は散歩が大好きな普通の犬です。里親家族は、先住犬たちと同じようにマレーに愛情深く接しています。マレーにとってこれ以上相応しい家族はいません」と語りました。

動物保護団体や獣医、そして温かい家族のおかげで、捨て犬のまま命を終えていたかもしれない犬がまた1匹、幸せを掴みました。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ