捨て犬だったマーベリックと夫婦の出会い

引用の出典元:www.facebook.com

2008年、ゴールデンレトリバーのマーベリックは森の中を彷徨っていたところをキルシェルターによって保護されました。

まだ子犬だったマーベリックは、まるで骸骨のように痩せていたと言います。心ない飼い主によって捨てられてしまったのでしょう。

キルシェルターでは、もしも里親が現れなければ犬たちは処分されてしまいます。子犬だったマーベリックはラッキーにもマクスウェル夫妻と出会いました。

マーベリックと出会ったときの印象を、夫婦はこう語っています。

「子犬のマーベリックは3ヶ月もの間、たった一人で森を彷徨っていました。それでも彼は強い心を持っていたのです。私たちは、この犬こそ私たちの家族になる犬だ、と直感しました。本当に素敵な犬だったんです。」

ゴールデンレトリバーに多い悪性リンパ腫

引用の出典元:www.facebook.com

マクスウェル夫妻はマーベリックとの生活を満喫していましたが、2014年、マーベリックを病魔が襲います。

マーベリックは悪性のリンパ腫にかかってしまったのです。数ある犬種の中でも、特にゴールデンレトリバーは悪性リンパ腫にかかりやすく、致死率も極めて高い病気だと言われています。

薬物治療などによりマーベリックは一度は復活し元気を取り戻したのですが、2016年の夏に再発してしまったのです。

夫婦が朝起きてマーベリックに声を掛けたところ、マーベリックはまったく歩けない状態になっていました。全身を小刻みに震わせるばかりで水も食事も摂れませんでした。

動物病院に連れて行くと微熱と貧血を起こしていることがわかり、数日間の入院を余儀なくされます。

夫婦は退院してきたマーベリックを見て、「この子の命はもう長くない…」と半ば諦めかけていました。

愛犬を台車に乗せて散歩に行こう!

引用の出典元:www.facebook.com

しかし、マーベリックは持ち前の強さを発揮し、生きる気力だけは失っていなかったのです。愛犬が必死に生きようとする姿を見た夫婦は決断しました。

「マーベリックが大好きだった散歩に再び連れ出してあげよう」と考え、ある道具を使うことを思いつきます。それは、マーベリックが寝そべったまま乗せられるほど大きな『台車』でした。

早速、近くの店に行き台車を探しますが、運悪く売り切れだったため、夫妻はお店のマネージャーに「寝たきりの犬を散歩に連れ出すための大きな台車がほしいのです」と伝えます。

事情を聞いたマネージャーは他の店舗にないか連絡を入れ、わずか5分足らずで大きな台車を確保してくれました。

ご主人は「そこまで親切に探してくれただけでなく、台車の価格を半額で提供してくれたんです。もう、私は感動で思わず涙がこぼれてしまいました。」と、その時の気持ちを語っています。

多くの人々からの愛によって奇跡が起きる!

引用の出典元:www.facebook.com

台車にマットレスと毛布を敷き、マーベリックを乗せ散歩に出かけてみたところ、マーベリックの表情には喜びが見てとれました。

「もう、今日がマーベリックとの最後の散歩かもしれない」そう思いながら2日、3日、1週間と散歩を続けていくうちに、マーベリックの体調はどんどん良くなっていきます。

しかも、日課となった台車での散歩を見た人たちが、マーベリックに話しかけたり撫でてくれたりするようにもなり、マーベリック自身も人々との触れ合いを待ち望むようになりました。

悪性リンパ腫という致命的な病気になったマーベリックでしたが、部屋の中で寝たきり状態にさせず外に連れ出してたくさんの人とスキンシップさせたことで、マーベリックの免疫が高まったのです。

リラックスが免疫機能を向上させ、ストレスが免疫低下を引き起こすことは科学的にも明らかなことです。スキンシップなどで愛情を注いであげてください。手を加えた食事で喜ばせてあげてください。抗がん剤の反応が良くなり、副作用のつらさを取り除く可能性があります。

出典:犬の悪性リンパ腫-延命のための知識



そして、マーベリックに奇跡が起きます!寝たきりだったマーベリックが立ち上がって水を飲み、お座りまでするようになったのです。

一生懸命に生きるマーベリックを大切にする、飼い主夫婦の言葉がとても印象的です。

「マーベリックはまだ歩くことはできません。でも、彼に残された長い人生のスタートに立ったんだ、と思っています。」

マーベリックの目前に架けられていた"天国への階段"が外されたのは、飼い主やマーベリックを心の底から応援する人々の愛があったからこそですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード