水辺の狩りが得意だった!プードルの特徴とは?

引用の出典元:www.ask.com

原産地をフランスとするプードルは、遠い昔から人間の目的に応じて改良が行われた結果、今のような様々な大きさに分かれました。それにしても、同じ顔・形のまま、よくここまでプードルを小さく出来たもんだな...と感心さえします。

もっとも大きいスタンダードプードルは、元々水鳥を回収するリトリーバーとして活躍していた犬種です。

ドッグショーにおける都合でミディアムプードルが作られ、サーカスや家庭犬として飼いやすいようにミニチュアプードルが作られ、さらに愛玩犬としての目的でトイプードルが作り上げられました。

スタンダードプードルの体重は15~19キロ、体高は45~60センチと、中型犬に該当します。一番小さいトイプードルは体重3キロですから、およそ5倍以上重い計算になりますね。

プードルの被毛の一部を刈り取っているのは、水中での作業を容易にするためでした。

現在は、被毛の手入れとしてはもちろんのこと、プードルの優雅さをより一層アピールするために素敵なカットがなされています。

もっとプードルについて詳しく知りたい方はコチラ

プードルの人気ブログ、ランキング1位:『ルカとミエルの今日も犬日和』

引用の出典元:anteglaze.blog10.fc2.com

このプードルブログの管理人さんは、動物と映画が大好きな大阪在住のアンテさん。2010年の保護犬・ルカ君との出会いをこう振り返ります。

「16年も飼っていたラブラドールレトリバーを失い、少々感情に押し流されていたかもしれない。それでも先代犬がこの出会いを作ってくれたんだ。この子を家族に迎えたい!」

出典:ルカとミエルの今日も犬日和


管理人さんは、それ以前からブログを運営していたこともあり、愛犬を亡くした気持ちを抱えながらも、パソコンを開くようになったそうです。そんな時に、里親募集サイトで出会ったプードルの「ルカ君」を引き取ることになりました。

翌年2011年にも、目に見えない細い縁が繋がって、保護犬だったプードルの「ミエルちゃん」を迎えることになったそうです。

スタンダードプードルは、何かと手がかかるし、お金も体力も必要な犬種だそうで、当初は迷ったそうですが、結果として「縁」という大きな力が働いたようです。

ブログ内でアンテさんは「犬は飼うのではなく、育てるんです。」と仰っています。琴線に触れる言葉ですね。

プードルの人気ブログ:『ルカとミエルの今日も犬日和』

プードルの人気ブログ、ランキング2位:『ちょこっとここな』

引用の出典元:chokococona.blog.fc2.com

スタンダードプードルの人気ブログ第2位は、新婚夫婦と元保護犬スタンダードプードルの「ちょこ」&「銀太」の日常を綴ったブログです。2015年9月にはご夫婦の間に赤ちゃんも生まれたとのこと。

プードルの「ちょこちゃん」は、2013年の4月に2歳半で迎えられたスタンダードプードルの女の子。銀太君は、2014年12月に1歳過ぎの時に家族になったヤンチャで甘えん坊なプードルの男の子。

こちらのブログも1位に引き続き、最初は保護犬のプードルだったんですね。「ちょこちゃん」は、お誕生日がわからなかったのですが、ブログを通して「奇跡」が起こりました。

なんと!「ちょこちゃん」の元飼い主の彼女さんだった、という女性からブログにメッセージが来たそうです。当時の彼氏と別れた時に、彼がスタンダードプードルを引き取ったそうです。

知り合いから、「彼が犬を飼えなくなって保護団体に引き渡し、その後里親が見つかった。」という話を聞いて、このブログに辿り着いたのだそうです。

その女性は、当時プードルを購入したペットショップに問い合わせをして、血統書のコピーを送り届けてくれました。そして、「ちょこちゃん」のお誕生日が2010年7月8日だと判明したのです。

女性が当時撮っていた、小さい頃のちょこちゃんの写真をたくさん送ってくれたそうです。

改めて、ブログの持つ力って凄いですね。

これからもお幸せに~♪

プードルの人気ブログ:『ちょこっとここな』

プードルの人気ブログ、ランキング3位:『Brunに夢中』

引用の出典元:crazyforbrun.blog106.fc2.com

スタンダードプードルの人気ブログ第3位は、暴れん坊でやんちゃなスタンダードプードルの「Brun君」が登場するブログです。

ボール遊びが大好きなプードルの「Brun君」は、2006年のクリスマス12月25日生まれです。やんちゃなプードル男子なだけあって、ボールをくわえた後は、首を振って振り回します。水鳥じゃないぞ~。

ブログ管理人さんがイギリスのお土産に買ってきた「カモ」の形のおもちゃ。鳥の形で本能に火がついたのか、案の定、プードル「Brun君」やっちゃいました。カモの足は見事に噛みちぎられてしまいました。

プードル男子の「Brun君」、カモのおもちゃの足をそのまま飲み込んでしまってママを心配させたそうですが、2日後に無事出てきたとのこと。まさに「親の心子知らず」で、今日もボールで遊ぶBrun君でした。

プードルの人気ブログ:『Brunに夢中』

プードルたちの素敵なブログを覗いてみよう♪


今回見てきたスタンダードプードルの1位と2位は、保護犬から家族になった、という共通点がありました。なんでもスタンダードプードルの里親募集って、結構多いのだそうです。その代わり里親さんもすぐに見つかるとか。

スタンダードプードルは大きさだけでなく、毛の手入れに関しても、手間と愛情とお金が必要です。「プードルは毛が抜けにくいから」という安易な気持ちで飼える犬種ではありません。

プードルだって被毛が伸びてくればカットも必要ですし、毛玉ガチガチにさせないためのブラッシングも欠かせません。もちろん放っておけば皮膚病になりかねません。犬のベストな状態をキープするための手間は、イコール愛情です。

一緒に暮らしていく間には、犬が病気になったり、飼い主の環境が変わったりと、多くの変化があると思います。

犬を飼うということは、犬も生涯を共にする家族の一員になるということです。飼い主になる前に、このことだけは知っておいてほしいな、と思います。

人間と犬が一つの家族として人生を共有し、苦楽を共にできるのは、本当に素晴らしいことですね!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo