犬のトリミングは、人間用バリカンではダメなの?

引用の出典元:shutterstock.com

犬の毛を刈ってトリミングを行う際、人間用のバリカンと使用することは不可能なのでしょうか?

中には、人間用のものを使っている方もいるようですが、やはり犬用のバリカンを使うことをお薦めします。

人間用バリカンと犬用バリカンの大きな違いは、歯の細かさにあります。というのも犬の皮膚は、大変デリケートで傷つきやすくので、人間用バリカンの歯よりも細かくなっているのです。

また、毛が柔らかく密集しているような子は、人間用のバリカンではカットしにくく、歯の間に毛が詰まってしまってバリカンが故障してしまうことがあります。さくさくカットしたければ、やはり犬用のバリカンを使った方がいいですね。

犬用のバリカンには、全身カット用と足先や細かいところをカッツするための部分カット用があります。

お薦めの犬用バリカン①:プロのトリマー仕様『スピーディク』

引用の出典元:www.speedik.co.jp

1つ目にご紹介するのは、日本のトリマー養成学校やトリマーが多く愛用している「スピーディク」(清水電機株式会社)です。多くの飼い主がこのバリカンを使用しているスタンダードとも言えるでしょう。

スピーディクには、いくつかのシリーズがありますが、下記の3つがオススメです。

PEACE(ピース)


最も新しいモデルで、コードレスタイプで使いやすくなっています。


レガート


最もパワフルでやっかいな毛玉や柔らかくてかりにくい毛もしっかりとかることができます。耐久性も充分です。


タピオ


使い易さを追求したモデルで、従来品よりも軽量で持ちやすく女性でも簡単に使いこなせるタイプです。


スピーディクの場合、替え刃が別売になっているので、最初に購入するときに数種類の替え刃の中から選べるようになっています。

選ぶのが少し面倒のようですが、それぞれの犬種によってカットしたあとのできあがりの毛の長さが違いますから、自分の愛犬にあった替え刃を選んでください。

替え刃をかえることによって、ペットの全身から足先までのカットが一台で可能です。

また、替え刃は本社の方へ研ぎに出せますが、その際に必要となる送料は購入者が負担することになっています。

お薦めの犬用バリカン①:水洗いOKでお手入れ楽ちん!『ペットクラブ』

引用の出典元:ctlg.panasonic.com

2つ
目に紹介するのは、パナソニックのペットクラブです。

最新モデルでは、全身だけでなく足先などの部分カットもできるようになりました。

しかも、水洗いができるのでお手入れが大変簡単です。

毛先の長さも4種類のアタッチメントの交換で簡単に調節でき、軽量で使いやすいのが魅力的です。

また、ペットクラブには部分カット専用のものもあります。サイズもコンパクトでながさは約1mmです。

次回のトリミングまでの間に伸びてしまった足先の毛など、ちょっとした処理に使えます。

さあ、トリミングをやってみよう!

引用の出典元:shutterstock.com

どのバリカンを選ぶかですが、愛犬の毛の状態(密集しているのか?長毛種か?など)や使い易さなどから選ぶといいのではないでしょうか?

また、トリミングするときの注意ですが、スピーディクのようなタイプはかなり切れ味がいいのでおなかや顔をカットするときは犬に怪我をさせないように気をつけましょう。

そして、被毛に沿うようにカットしてあげるとカットしやすいですし、犬も嫌がらないようです。

また、音に驚くような子でも次第に慣れてくるのでカットできるようになります。

いきなり全身カットは怖いなあと思っている方は、部分カット用バリカンで足先からはじめてみてはどうでしょうか?

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi pug-pug
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード