方法1.子犬のしつけは「楽しく」「短く」

引用の出典元:shutterstock.com

子犬のしつけで大事なのは「子犬の集中力」と「好奇心」を最大限に利用するということです。

子犬に一生懸命しつけをしようとしても集中力は短くすぐに飽きてしまいます。

子犬のしつけは飼い主さんが粘り強く何時間もトレーニングするよりは、子犬の集中力の身近さに合わせた短時間の方法でしつけを行いましょう。

もちろん子犬の好奇心を刺激する「楽しさ」を短時間のしつけで感じさせるのが、子犬のしつけをする上で抑えておきたいポイントです。

方法2.子犬のしつけには同じ言葉を使うようにする

子犬にしつけをする際に毎回違う単語を飼い主さんが発していると子犬はしつけの最中に困惑してしまいます。

必ず同じ言葉でしつけをすることで子犬も飼い主さんの言葉に反応するようになってきます。

特に家族で子犬を飼う場合には、それぞれが思い思いの言葉でしつけをするのではなく「家族全員で同じ言葉を使って子犬のしつけをする」という方法を取りましょう。

方法3.首輪とリードに慣れさせるしつけをしよう

引用の出典元:shutterstock.com

子犬のしつけで重要なのは、お散歩に行けるようになることです。

家の外に出ても子犬にしつけをするためには首輪やリードに慣れさせることが先決です。

まだお散歩に出るには早い子犬のしつけをする時には、家の中であっても首輪やリードをつけてその物自体に慣れさせるしつけをしておきましょう。

家の中でのリードをつけたしつけに慣れると、いざお散歩に出る時に子犬は抵抗感なくリードをつけて外出することができるのです。

無理に家の中でリードを引っ張ってついてこさせる方法は必要ありませんが、子犬がリード嫌いにならないように「慣れさせるしつけ」をお散歩の下準備としてしておきましょう。

方法4.子犬が簡単にできるしつけ方法を取りいれよう

引用の出典元:shutterstock.com

飼い主さんの意欲が高いと子犬に対するしつけの方法も難易度が上がってしまいます。

しかし子犬によっては高度なしつけ方法についてこれずに劣等感が募り、しつけにくい性格の犬になってしまう可能性もあるのです。

子犬が常に自信を持ってしつけに取り組めるように、その子犬が簡単にできる方法をしつけに取り入れてあげましょう。

簡単な方法を重ねる事で子犬はしつけに対する満足感を得ることができ、しつけに対する意欲が湧いてくるのです。

飼い主さんには根気と忍耐のいることですが、子犬が常にポジティブでいられるようなしつけの方法を心がけましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi Peachtree
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード