許しがたい飼い主の行動に驚愕



アメリカ、ノースカロライナ州に住むターニャ・スリットさんは、動物愛護団体に所属し、捨てられた動物たちの保護活動をしている女性です。

日頃から傷ついた動物や捨て犬たちと接しているとはいえ、まさかそれが自分の目の前で行われるとは…。

ターニャさんが自分の子どもたちと一緒に公園で遊んでいるときのことです。公園に車を停め、子犬と一緒に歩いてくる女性を見かけました。

その女性は、子犬に向かって「ほら、あの鳥を追いかけてごらん!」と指示をします。当然、喜んで子犬は鳥を目がけて一目散に走っていきました。

最初は仲良く遊んでいるのだろう、と思って見ていたのですが、それは間違いだったことがすぐにわかります。

信じられないことに、子犬が走っていく後ろ姿を確認したあと、飼い主の女性は車に乗ったかと思うと、逃げるようにその場を立ち去ったのです。

わずか数秒の間に繰り広げられた信じられない光景に、ターニャさんは愕然としました。

飼い主を追いかける子犬を必死に保護



車がいなくなったことに気が付いた子犬は、道路に出て飼い主を追いかけようとします。ターニャさんは、子犬が往来する車に轢かれないように、必死に抱えて止めました。

目の前で起きた犬の遺棄事件に、どれだけ心を痛めたことでしょう。なにせ、彼女は日頃から飼い主に捨てられた犬たちの悲しみ知っているのですから。

捨て犬を保護した足で、アニマルシェルターに向かいました。しかし、飼い主に繋がる情報はなく、この日ターニャさんは子犬を自宅に連れて帰りました。

飼い犬を捨てた薄情なあなたへ



いくら保護活動をしているからと言って、こうした飼い主の行動に慣れることはありません。ターニャさんは悲しみと怒りに打ち震えながら、事件の犯人に向かってFacebook上に「手紙」を書くことを決意しました。手紙の内容を見てみましょう。

この美しい子犬を捨てた薄情なあなたへ。

今この子は、安全な場所に保護しています。私は子どもたちと一緒に公園にいました。そして、あなたがこの子のリードを引っ張って車から降りるのを目撃したのよ。

あなたは子犬のリードを外して、「あそこにいる鳥を追いかけておいで」と指差していましたね。
私はその光景を「微笑ましいなあ」と思って見ていたのよ。とても幸せそうに見えたんだもの。

でも次の瞬間、あなたは急いで車に戻って去って行った!私は本当に驚いたしショックでした!
驚いた子犬はあなたの車を追いかけたの。でも、他の車に轢かれなかったのは幸運だったわね。

その後、私は子どもたちと愛犬のリリーを連れて、子犬をギルフォード郡のアニマルシェルターに連れて行き、マイクロチップを読み込んでもらうことにしたの。

でも、この子の名前はわからなかった。私はとても美しい名前をつけてあげるつもり。

私と一緒にいる限り、この子は今夜寒さに震えたり、飢えを感じたりすることはないわ。

そして今後、二度とゴミのように捨てられることはないと断言します。

出典:Tanya Sulit|Facebook

私の家族になってね!



ターニャさんは捨てられた子犬のママになり、この子に"レミー"という美しい名前を授けました。光り輝く被毛を持つレミーは、「Treasure pup(宝石のような子犬)」として、Facebookでも人気者になっています。

薄情な飼い主に見捨てられた子犬でしたが、今では先住犬のリリーとタンク、そして優しい家族に見守られて、毎日が楽しくて仕方がない様子です。

ある日の会話からは、本当に幸せな家族の様子が伝わってきます。

レミー: みんな、ベッドの上に乗っかっちゃったわ、可愛い姿を見て!
リリーとタンク: 当たり前じゃん!
ママ: もう、またベッドの上なのね?
レミーとリリーとタンク: イイじゃん、ママ!
ママ: はいはい、わかりました。

捨てられた直後にターニャさんという動物保護活動家に保護されたことはラッキーでした。しかし、多くの捨て犬には、飢えや病気、事故、頻繁な出産などたくさんの不幸が待ち受けています。

子犬を捨てた飼い主は見つかりませんでしたが、せめて自分に宛てられたFacebookの手紙を読んで、命を捨てる行為の浅はかさを、少しでも良いから理解してほしいですね。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo