犬は雑食?それとも肉食?

引用の出典元:shutterstock.com

犬の食性については、「犬の祖先はオオカミだから肉食」や「犬は狩りをして獲物を捕らえる動物なので肉食」という意見もあれば、「犬は肉以外も食べるので雑食」という意見も聞かれます。

では本当のところは、どちらなのでしょうか。

最もよく言われるのが「雑食に近い肉食」です。ですから「犬は雑食性」とも言われます。

これは、犬が人間と生活してきた長い歴史の中で肉中心の食事を取りながらも、野菜などの植物や米などの穀物も摂取してきたことで、これらをある程度まで消化できるよう、消化器官が発達したことによるものです。

確かに、今では犬の食事はドッグフードが中心になっていますが、一昔前までは、人間と同じものを毎日食べていましたよね。

犬の身体の特徴を知ろう

引用の出典元:shutterstock.com

では、犬の身体の特徴をみてみましょう。

まず犬の歯です。犬の歯は原始からほとんど進化しておらず、野生の肉食獣だった頃とほぼ同じ形をしています。この形は獲物の肉を引きちぎるのには適していますが、草食動物のように植物をすり潰すのには向いていません。

また、犬の腸の長さは、草食動物に比べて短いのが特徴です。動物の腸とは草食性の動物ほど長く、これは植物の方が消化に時間がかかるためです。

また犬の腸が短いのは、肉類は腸内で腐敗しやすいため、素早く栄養を吸収し不要なものはできるだけ早く体外へ排出させようとするためでもあります。

こうしてみると、犬は雑食性とは言え、限りなく肉食に近い雑食のようです。

メインにあげるのは肉?それとも穀物?

引用の出典元:shutterstock.com

では愛犬の食事には何をあげるのがベストなのでしょうか。

本来、犬は肉食なので、やはり動物性たんぱく質が多く含まれたものがよいでしょう。実は、犬の唾液にはでんぷんの消化酵素であるアミラーゼがほとんど含まれていませんので、炭水化物の消化はあまり得意ではありません。

ですので、人間のように穀類を無理に多く摂る必要はなく、穀物を使用したフードでは、肉の割合の高いものが望ましいとされています。

ドッグフードの原材料表示を見てみようm!

引用の出典元:shutterstock.com

いつも買うフードの原材料表示を見てみると、愛犬が実は何を食べているのかが分かります。

穀類を使用したフードでも、米が使われているものもあれば、小麦が使われているものもありますし、肉類でも、ビーフやチキンなどいろいろです。原材料表示は、愛犬の好みや体調を確認するために見ることが多いですが、普段から気に留めておくとアレルギー対策としても役に立つことがあります。

愛犬の食事を考えるときは、その子の好物だけでなく、犬とはどのような動物でどのような栄養素が必要なのかを知っておくことも重要なんですね。

ところで、われわれにとって最も身近なペットには猫もいますが、猫は今でも完全な肉食動物なんだそうです。

いずれにせよ、ペットがずっと元気でいられるよう、食性に合ったごはんを与えるようにしたいですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi PomPom
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード