犬の食べ物アレルギーとは?

引用の出典元:pixabay.com

原因は人間がアレルギー症状を発症する場合と同じく、免疫細胞の異常です。

本来ならば攻撃しなくても問題のない物質が体内に入ったとき、異物だと間違えて攻撃してしまう、これがアレルギー症状です。

原因となる物質は様々ですが、犬にしばしば見られるのが牛肉や鶏肉、羊肉などの肉に対するアレルギー、バナナや桃、りんごなどのフルーツに対するアレルギーだと言われています。

他にも小麦や大豆、卵など身近な食材やドッグフードに含まれている食材にアレルギーを発症する場合が多いそうです。

食べ物アレルギーの症状とは?

引用の出典元:pixabay.com

下痢やくしゃみ、ふけが出るなど様々な症状を引き起こす可能性がありますが、犬はよく皮膚にアレルギー症状を起こします。

具体的には、毛が抜けたり、皮膚が赤くなる、痒がって掻き壊したり噛み付いてしまう、発疹が出るなどです。

もしも飼い主がなかなか気づいてあげられずに食べさせ続けると、アレルギーへの反応はどんどん強くなっていきます。このような症状を見つけたらすぐに病院に行き検査をすることをおすすめします。

食べ物アレルギーへの対処

アレルギー対応のドッグフードを使うか、手作りでアレルギー物質が混入しないようなフードを作ります。

しばらくアレルギー物質を除去すると、その食物に対してのアレルギー症状が収まる場合もあります。

しかし、素人判断でアレルゲン食材を与えることは非常に危険なので獣医師の判断を仰ぎながら行いましょう。ちなみに、皮膚の細胞が生まれ変わるまで1~2か月の期間が必要だとされています。最低でも2か月程度は除去食を続けたほうがよいでしょう。

また、人間の食べ物を与えてしまうと、アレルギー物質の特定が困難となったり、ほかの食材へのアレルギーが新たに発症する恐れもあります。除去食を始めたら、人間の食べ物は与えないようにし、おやつに何をどう与えるかも見直します。

犬の食物アレルギーまとめ

引用の出典元:pixabay.com

食物アレルギーは命に関わることもある恐ろしいものですから予防を心がけたいですね。

そのためにも普段から人間の食べ物をあげないようにしたり、ドッグフードも添加物の少ないものを選ぶといいようです。日々の健康は食から、というのは人間も犬も同じです。

もしも体調の悪さが続くようなら食事を見直してあげましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi aazusweets
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード