まるでホラー映画を彷彿させた現場から保護された13匹の犬

引用の出典元:www.thedodo.com

アメリカのアーカンソー州ホラティオのある私有地で、先月13匹の犬が保護されました。

犬たちは家の床下に身を寄せ合い、地面に敷き詰められた草の上で縮こまっていましいた。その状況から、犬たちの飼い主はかなり前に姿を消していて、犬たちは誰からの世話もなしに、息も絶え絶えに生き延びていたことが伺えました。

13歳になるブレスも、そこで保護された犬のうちの一匹です。関節炎と寄生虫に苦しむ子の老犬の目の下の汚れは、手入れを久しくしてもらっていなかったことを物語っていました。

ケンディル・ブリグスさんは、この犬たちを保護するために現場に足を踏み入れたレスキュー隊のひとり。そこでの光景はまるでホラー映画でも観ているようだったといいます。

犬たちの命は助かりましたが、もう少しでも助けがくるのが遅ければ彼らは確実に死んでいただろうという見解です。

明らかになる驚くべき事実

引用の出典元:www.thedodo.com

信じられないことに、犬たちの悲惨な状態にも関わらず、彼らが“保護状態にあった”と主張する女性の存在が明らかになりました。

この女性は市営の動物保護施設から“しかるべき動物保護団体”の代表として犬猫の里親になっていたというのです。

おまけに、この代表者はペイパルを通じて一般から寄付金を募っていました。集まった寄付金で動物たちに必要なケアを与えていなかったのは言うまでもありません。

この知らせを聞いて多くの動物保護団体が立ち上がりました。それだけではなく、テキサス州の警察がこの事件について調査を開始しました。

この女性はアーカンソー州だけではなく、テキサス州とルイジアナ州のシェルターからもかなりの数の動物の里親になっていたのです。なぜ彼女がそんなに多くの動物の里親になることが許されていたのかは、まだ明らかにされていません。

動物を保護するということ

引用の出典元:www.thedodo.com

幸運にも助け出された13匹の犬たちは、獣医師の元で必要なケアを受けながら、新しい家族を探しています。この犬たちにとっての一番の朗報は、今後二度と保護される心配がないということでしょう。

一度シェルターから保護された犬たちが悲惨な生活を送った後、再びシェルターに戻されて安楽死させられる…そんなことは絶対にあってはならないと、動物保護団体所属の獣医師カリ・マッククリーさんは語っています。

現時点ではまだこの事件は調査中で、代表の女性の詳細などは知らされていません。しかし、この女性がしたことーシェルターから動物を保護した後、また彼らを見捨てるーは、決して許されることではありません。

犬を保護するということは、命を預かること。責任をもって世話をできないのなら、なぜ犬たちを保護したのでしょうか?動物保護という名の、金銭目的詐欺だったのでしょうか?彼女が一体何をしたかったのかは謎です。

しかし、彼女の保護活動のために寄付した人々の善意を踏みにじっただけでなく、保護された動物たちを裏切ったことは紛れもない事実です。

いかなる理由も、犬たちを再び放棄する正当な言い訳にはなりません。一刻も早い事件の解明と、この代表者の責任追及を願います。

参照:‘Rescuer’ Pulls Hundreds Of Dogs From Shelters — And Then Abandons Them All

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi オリビア
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード