水の中もヘッチャラ!フラット・コーテッド・レトリバーの特徴

引用の出典元:www.shutterstock.com

フラット・コーテッド・レトリバーは、ゴールデン・レトリバーやラブラドール・レトリバーのようなガッシリとしたタイプではありませんが適度な筋肉質の体格をしているので、軽快に…かつ優雅な足取りで歩くことが特徴です。

陽気なフラット・コーテッド・レトリーバーは、もともと猟犬ですから鳥や物を取って帰ってくるのが大好きな犬種です。その範囲は、陸上はもちろんのこと、水中もへっちゃら!

そのため、適度な長さで厚くて平らになっている被毛に覆われ、しっかりと体を守る役目を果たしています。

非常に感受性が強く、学習能力も高いことも特徴のひとつですので、アジリティなどのドッグスポーツにも向いている気質を持っています。

フラット・コーテッド・レトリバーの平均的な体重は、男の子で27~35kg程度、女の子で25~32kg程度です。

体高は、男の子で60cm前後、女の子で57cm前後と、男女の差はあまり無いようです。

被毛は、長さはあまり無いものの光沢があって毛量も豊富です。

直毛(フラット)で、毛並みが寝ていることが理想とされますが、わずかにウェーブがかかっている犬もいるようです。毛色はブラックかレバー色に限られていることが特徴です。

フラット・コーテッド・レトリバーの歴史


19世紀中ごろに、カナダからイギリスに輸入された小型のニューファンドランド(セント・ジョンズ・ウォーター・ドッグ)などと、イギリスのセッター犬種を交配させて生まれたと言われています。

鳥猟の発達とともにより深い山に入るようになった猟師たちが川を渡ることを嫌わない猟犬を求めるようになり、以前から使われていたセッターなどの猟犬と水の好きなニューファンドランド系の犬をかけあわせてつくられたとも言われ外見的にも影響は強く出ています。

しかし、様々な犬種が用いられたという説もあり、実際のところがまだまだ解明されていないことも多いようです。

その当時は、セッターから受け継いだ波打つ被毛を持っており、ウェービー・コーテッド・レトリーバーと呼ばれていました。この頃はまだ、レトリバー種もカーリー、ウェービー、スムースの3種にしか分類していませんでした。

当時人気のあったカーリー・コーテッド・レトリバーよりも大人しく、獲物を傷つけないための技術を習得できるウェービー・コーテッド・レトリーバーの人気がドンドン高まっていきました。

その後20世紀に入り、より平らで身体に沿う被毛やより身軽さをもとめて品種改良が進められ、フラット・コーテッド・レトリバーと呼ばれるようになりました。

その後、第一次世界大戦ごろまで人気があったのですが、ラブラドール・レトリーバーやゴールデン・レトリーバーが登場すると、あっという間にその人気の座を奪われてしまいます。

そして第二次世界大戦末期ごろまでに、頭数が激減してしまい絶滅したのでは…と言われた時期もありました。

しかし、一部のフラット・コーテッド・レトリバーの愛好家によって犬種が保存され、繁殖を重ねて現在に至っています。

とにかく陽気で明るい♪フラット・コーテッド・レトリバーの性格

引用の出典元:www.shutterstock.com

フラット・コーテッド・レトリバーは、陽気で明るくとても楽天的!

人間にも犬にも、とにかくフレンドリーな性格が特徴的です。

家族である飼い主や、まわりの人間や犬を良く見ていて、敏感に反応しては愛想良くしっぽをブンブンと振ってくれます。

その一方、楽天的な性格のせいか少々飽きっぽい面も持ち合わせています。何かを教える時には、短い時間で集中して教えることで、抜群の能力を発揮することでしょう。

フラット・コーテッド・レトリバーの寿命はどれくらい?


フラット・コーテッド・レトリバーの平均寿命は8~10歳程度とされています。他の大型犬種より若干短いかもしれません。

せっかく一緒に暮らす家族ですから、出来るだけ健康で長生きしてもらいたいですよね。

日頃からスキンシップをたくさん取って、食事の管理や日頃の体調などのちょっとした変化を見逃さずに、気になることがあった時は早めに掛かりつけの獣医師などに相談してくださいね。

フラット・コーテッド・レトリバー特徴的な病気とは?

引用の出典元:www.shutterstock.com

大型犬の特徴的な病気である「胃捻転」や「胃拡張」に注意が必要です。

体型的にも胃の部分があまり固定されておらず、食後の激しい運動で胃が捻じれてしまったり、ドカ食いで胃が大きくなってしまうことがあります。

食後に激しい運動をさせないことや、食事の速度を落とす工夫をするなどの対処が必要です。放置すると命に関わりますので、食後の様子がいつもと違う・おかしいなと感じたら、早めに動物病院に行きましょう。

レトリバー種の特徴的な病気で多いとされている「股関節形成不全」は、最近では発症そのものは減少傾向にあるようですが症状の程度には個体差があります。

パピーの頃から適度に運動をさせて、関節を支える筋肉をしっかりとつけることで発症を抑えることが可能な場合もあります。早期発見のために、普段からの歩き方・おすわりの形など、よく観察しておくことが大切です。

運動することが大好きなフラット・コーテッド・レトリバーですので、関節に負担をかけてしまうフライングディスクやハイジャンプなどには十分に気をつけましょう。

その他には、悪性腫瘍の発生も比較的多くとされていますので、小さな「しこり」などを見逃さないようしてあげてくださいね。

フラット・コーテッド・レトリバーと楽しく暮らす飼い方とは?


フラット・コーテッド・レトリバーは、他のレトリバー種の中でも群を抜いた運動量を誇りますので、できれば毎日1~2時間のお散歩が理想的です。

レトリバー種なので「持って来て」というレトリービング(回収)が大好きです。時には、ドッグランなどでボール投げをするのも良いかもしれませんね。

フラット・コーテッド・レトリバーは、精神的に子供っぽさを残していることが多く、とても陽気な性格のために嬉しすぎて興奮MAXになってしまうことがあります。

人通りの多い場所などでは他人にも愛犬にも危険が伴いますので、日頃から落ち着かせる練習をしておくと良いでしょう。

物覚えが早いこともフラット・コーテッド・レトリバーの特徴ですから、幼いころから「やって欲しいこと・止めてほしいこと」を、出来るだけ叱らずに褒めながら教えておくと、愛犬との暮らしがとてもラクになります。

被毛は、ダブルコート(アンダーコートとオーバーコート)ですが、直毛のために手入れは難しくはありません。

できれば毎日、少なくとも2~3日に1度はブラッシングをしてあげてください。

お父さんに甘えたいの~♪な動画はコチラ

引用の出典元:www.youtube.com

お父さん犬もタジタジになるほどの元気ハツラツのわんぱくぶり(^^)

見ているこちらも、一緒に草の上に転がりたくなるほどの可愛さですね!

フラット・コーテッド・レトリバーの特徴まとめ


いかがでしたか?

フラット・コーテッド・レトリバーは大型犬ですから、家具の配置や暮らしの空間には配慮が必要ですが、明るく陽気な性格で家族の一員になれば楽しい暮らしが待っているに違いない!という犬種です。

フラット・コーテッド・レトリバーは、犬とアクティブに暮らしたいという方にはオススメな犬種です。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi anddog_nao
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード