アレルギーの心配は?バナナは与えない方がいいこともある?

引用の出典元:shutterstock.com

基本的に犬にバナナをあげることについて問題はありませんが、バナナはまれにアレルギーが出ることのある果物とされています。

他の食品アレルギーなどがあって心配な場合は少量から始めて様子をみるか、アレルギー検査を受けてから与えるようにしましょう。

また糖質が多いので食べ過ぎると太りやすくなります。過剰摂取にならないよう、体重をチェックしながら与えるようにしましょう。

繊維を多く含んでいることからお腹がゆるくなってしまうこともあるので、下痢をしている時などは控えるようにしましょう。

バナナには、どんな栄養素があるの?

引用の出典元:shutterstock.com

糖質(炭水化物)を多く含む果物です。そのため体を動かすエネルギーに変わりやすく、消化の負担が少ないことからマラソン選手などがレース直前などに食べることも多い食材です。

同じようにドッグスポーツなどをやっている犬の大会中の栄養補給や体重を増やしたい犬に最適です。

水溶性繊維と不溶性繊維やオリゴ糖を含んでいるので整腸作用があり、特に便秘がちな時におすすめです。

また、最近の研究では白血球を活性化することで免疫力を高める作用があることがわかってきており、ガン予防にも効果的だと言われています。

アレンジレシピ①. 焼くだけ!「バナナチップ」

引用の出典元:shutterstock.com

バナナを3~5mm程度に斜め切りし、130度のオーブンで40分焼きます。パリパリになったら完成です!
※オーブンシートを使えば油も不要なので◎

とっても簡単な上に匂いも抜群、持ち歩きやすいのでトレーニングやお散歩にも便利に活用できます!

アレンジレシピ②. 飼い主も一緒に♪「バナナパンケーキ」

引用の出典元:shutterstock.com

<材料>2枚分
バナナ2本、プレーンヨーグルト大さじ2、薄力粉50g、卵1/2個

1、バナナは軽くレンジであたためてフォークでつぶしておきます。
2.1に溶き卵、ヨーグルトを加えてよく混ぜます。
3、2に薄力粉をふるいにかけながら加え、さっくり混ぜます。
4、フライパンで両面焼いたら出来上がり♪
※当日に食べない分は冷凍庫で保存しておきましょう。

バナナは砂糖などを加えなくても十分な甘さがあるので、飼い主も一緒に食べることができますよ♪


いかがでしたか?
バナナは犬にとっても栄養化の高い食べ物です。与え方に注意しながら、愛犬の喜ぶ顔を楽しんでみてくださいね!^^

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi MEG
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード