耳の炎症は犬にとっても大きなストレス

引用の出典元:shutterstock.com

愛犬の耳が臭い時は、耳に炎症が起きている可能性があります。耳の異常というものは、犬自身にとっても大きなストレスになるもので、頭を傾けていたり、足で掻いているうちにさらに悪化させてしまうことがあります。

健康な場合は、嫌なにおいや耳垢なども無いはずです。優しく耳の周りをふき取ってみたり、耳を少し後ろに引っ張って中をチェックすることも大切です。

犬の外耳炎は発症しやすい病気

引用の出典元:shutterstock.com

犬の耳の疾患の中でも、多いものは外耳炎です。外耳炎になると、耳を痒がり、悪臭がしたりベトベトした耳垢がすぐに溜まってしまいます。

細菌が繁殖することで起ったり、ミミヒゼンダニが寄生していることもあります。また、アレルギー性の皮膚炎と併発することもあり、耳のお手入れがとチェックがとても大切になります。

垂れ耳の犬や、皮膚炎を起こしやすい犬種が特にかかりやすいと言われていますので、心あたりのある犬種の飼い主さんは炎症がひどくならないように注意してあげましょう。

日頃から耳掃除をチェックは忘れずに

引用の出典元:shutterstock.com

普段の耳の手入れとしては、市販のイヤークリーナーを使いましょう。耳の中に入れて、マッサージするようにもみこみ、出てきた汚れを脱脂綿などで拭き取ります。表面部分は、脱脂綿を指に巻きつけて拭き取るようにするとよいでしょう。

耳掃除は、嫌がっているところを、無理に行って皮膚を傷つけてしまうと、外耳炎などの病気をさらに悪化してしまうことがあります。また、綿棒を使って奥に耳垢を押し込んでしまう危険もあります。

丁寧に汚れを拭き取り、終わった後にごほうびをあげるなど、犬にとって嫌な思いにならないように注意してあげましょう。

耳が臭いと感じたら早めに相談を

引用の出典元:shutterstock.com

愛犬の耳が臭いなと感じたら、それは炎症が始まっているサインです。

外耳炎は、ひどくなると中耳炎や内耳炎につながってしまうこともあります。遺伝的に繰り返し発症してしまう犬もおり、抗生物質の軟膏などが必要になるケースもあります。

愛犬の耳に異変を感じたら、早めに獣医さんに相談してみましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ayuka
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード