飼い主に不親切な人を、犬は意識的に避けている?

実験では、飼い主が容器のふたが開けられない状況をつくり、それに対して犬にとって見知らぬ二人が取る行動を3パターンに分けて、犬の反応が観察されました。ひとつめは、飼い主が一人にふたを開ける助けを求め、その人は手助けすることを強く拒絶するケース、ふたつめは、協力を求められた人は飼い主を助け、ふたを開けることができるケースでした。いずれの場合ももう一人は何もしないままでいます。最後のケースは対照実験として、二人とも何もしない場合が設けられました。3つのケースいずれにおいても、最後に二人とも犬に対しておやつを差し出します。

3ケースそれぞれに18頭の犬が参加し実験をおこなったところ、飼い主の協力を強く拒絶したケースでは、犬は助けを拒絶した人からおやつをもらうことを避けて、何もしない人からおやつをもらう傾向がはっきりとあらわれたそうです。また、その他のケースでは、どちらからおやつをもらうかについて、犬の選択に有意差は見られなかったそうです。すでにニュースでご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、NHKのこちらのサイトより実験の様子の映像をみることができます。

この結果について藤田教授は、犬が単におやつを食べたいという利己的な理由から行動を起こしているならば、このような選択の違いが結果としてあらわらないはずであり、犬は他者のふるまいを社会的、感情的に評価していることを示すものとしています。

このように、自らの利害にまったく影響がない場合でも非協力的な相手を避けるという行動は、人の場合は3歳児くらいからみられるそうです。また霊長類ではフサオマキザルが同様な行動をとることが、藤田教授の以前の研究により明らかにされています。

犬は協力的な人を好むのではなく、非協力的な人を避けるという感情的な判断をしている可能性が示された結果となりましたが、みなさんは愛犬におなじような行動をみたことはありませんか?まるでテレパシーが存在するかのごとく、愛犬に心の機微を察知された経験が一度はあるのではないでしょうか。

著者:The dog actually Times
転載元:飼い主に不親切な人を、犬は意識的に避けている? | dog actually - 犬を感じるブログメディア


dog actually - 犬を感じるブログメディア

dog actually(ドッグ・アクチュアリー)は「犬を感じるブログメディア」をコンセプトに運営しているメディアです。真面目な記事から楽しい記事まで、もっと犬の本質を感じるために、犬に関する貴重な情報を世界中からお届けする、犬を愛する人のためのメディアです。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi dog actually - 犬を感じるブログメディア
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード