難病を抱えた少女には介助が必要だった

引用の出典元:stories.swns.com

イギリスランカシャー州に住むクロエさんは現在19歳で、母親と2人の弟、介助犬の"テッド"と暮らしています。

しかし、彼女は日常の動作だけでも心拍数が上昇してしまう「体位性頻脈症候群」に加え、コラーゲン繊維をうまく作ることができないことによる「エーラス・ダンロス症候群」という難病を患い、13歳で学校を辞めざるを得なかったのです。

難病の症状は悪化の一途を辿り、関節の激しい痛みが発生。少女だったクロエさんは、立つことも歩くこともできなくなり、車椅子生活を強いられます。

仕事を辞めた母の介助がなければ日常生活さえ送れないため、クロエさんは介助犬を探し始めました。

障がい者の自立をサポートする慈善団体『Dog A.I.D.』に、自分が以前飼ったことのあるイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの介助犬はいないかを尋ねることに。

しかし、団体は資金が不足しているため、すぐにその犬種の介助犬を用意できないことを伝えます。

それなら自分で介助犬を育て上げよう!

引用の出典元:stories.swns.com

どうしても「イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル」にこだわっていたクロエさんは、他の犬種の介助犬は考えられませんでした。

難病で関節の激痛を抱えながらも、クロエさんは1つの大きな挑戦を決意します。

「自分でイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの介助犬を育てよう!」

14歳になったクロエさんは、ブリーダーの助けを借りて生後5カ月のイングリッシュ・スプリンガー・スパニエル、"テッド"と出会いました。

ところが、幼いテッドはクロエさんの車椅子を怖がってしまったのです。介助犬になる以上、車椅子を恐れていては始まりません。

怖がりだった子犬が見せた労わる仕草

引用の出典元:stories.swns.com

諦めずにテッドのオーナー宅を訪れたクロエさんでしたが、なんとキッチンで車椅子ごと転倒してしまいました。

すると驚くことに、幼いテッドはクロエさんのそばに駆け寄っただけでなく、少女が落ち着くまで横たわって労わる仕草を見せたのです!

大きな音や怖い気配がしたはずですが、怖がりだったテッドの変貌ぶりにはオーナーも信じられない様子でした。

クロエさんはこのときの様子を「テッドの変わり様は、私自身もまったく予想外でした。私はそのとき特別な絆を感じ、絶対にテッドを介助犬として育て上げて一緒に暮らすことを決意したんです」と語っています。

こうしてクロエさんとテッドとの共同訓練がスタートしたのです。

人生に笑顔と希望をもたらした介助犬

引用の出典元:stories.swns.com

テッドが初めて覚えたのは、靴下を拾うことでした。テッドにとってこれはかなり簡単な学習課題だったので、夢中になって靴下を確実に拾えるようになりました。

さらに、洗濯物のお手伝いを覚え、歯を上手に使ってクロエさんに洋服を着せる手伝いもできるようになっていきます。

クロエさんは、いとも簡単に介助作業を覚えていくテッドのおかげもあり、13カ月後には『Dog A.I.D.』から最年少最短で正式な介助犬の資格を付与されたのです。

クロエさんはこれまでの経験を振り返り、こう語っています。

「介助犬としてもっとも大切なことは、服従心(信頼関係)です。もし、テッドが私の命令を聞くことができなければ、大きな事故につながり兼ねないからです。

たとえ大きな騒音や魅惑的な食べ物に遭遇したとしても、テッドは一切反応することはできません。

訓練を経たテッドは100程度のコマンドを理解しています。私たちは楽しみながら練習を繰り返し、今では助けが必要なときはすぐに察知してくれるんです。

テッドのおかげで母は週2日仕事に復帰できました。テッドがいなかったら、母は今でも毎日私の洋服を着せなければならなかったでしょう。

彼は私の人生に大きな喜びと笑いをもたらしてくれました。彼なしでは、私の人生は成り立ちません」

単に障がい者の手伝いをするだけでなく、クロエさんの人生を明るく希望あるものに変えてくれたテッド。

介助犬ロボットも期待されますが、「人と犬との絆」だけはロボットでは代替できない大切な部分なのだ、と教えてくれた気がします。

こんなに上手に介助ができるのは「イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル」の能力に答えがありました。
■堂々としたスタイルが特徴のイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの性格

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード