あくびの理由1 「まあまあ、ちょっと落ち着こうぜ」

引用の出典元:shutterstock.com

何かいたずらをされて愛犬に説教しているとき、目の前で退屈そうにあくびされたことはありませんか?
怒っているのにのんきな態度でもっと怒りたくなってしまうかもしれませんが、ちょっと待った!
こんな時のあくびは決して飼い主をばかにしている訳ではないのです。
人間の言葉が分からない愛犬はいつもと違うあなたの様子に、ちょっと戸惑っているだけ。
なんで叱られているのか分かっていないケースもあります。
犬は群れで生活していた名残りから、仲間に対しては基本的に平和主義。
声を荒げるあなたに「まあまあ、落ち着いて」とか、「もっと仲良くしようよ!」とか感じているかもしれません。
飼い主をなだめているだけで悪気はないんですよ!

あくびの理由2 動揺してびくびくしている

引用の出典元:shutterstock.com

どこからか嫌な物音がしたり、初対面の犬がそばにいる時など、慣れない状況のなかで不安な気持ちを落ち着けるために、犬はあくびをすることがあります。
あくびをすると同時に視線がきょろきょろして落ち着かない様子でいたら、周囲に動揺させるものがないか確認してみましょう。
不安要素が分かったら取り除いてあげられればベストですが、分からない場合は優しくなでて気分を落ち着かせてあげたいもの。
人には聞こえない音が犬には聞こえて気になっていたり、気になる匂いに敏感になっていたりすることがあります。
あくびからこんなサインを感じ取ったら、そばにいて動揺する気持ちを和らげてあげましょう。

あくびの理由3 ストレスを感じている

引用の出典元:shutterstock.com

犬はストレスを感じている時にもあくびをします。
例えば犬がそっとしておいて欲しいと思っている時にベタベタなでまわしたり、嫌いな場所に連れていかれたりすると、頻繁にあくびをすることはありませんか?
こんな時のあくびは犬がストレスを感じていることを表しています。
予防接種やハミガキ、お風呂も嫌いな犬にとってはストレスになるので、あくびを出しやすい場面です。
ストレスを感じさせることでもやらなければ仕方のないこともありますが、少しでも気持ちを平穏にさせてあげるため、こんな場面であくびをした時は、むやみにいじくり回さずすばやく行うなど気遣ってあげてください。

愛犬のかわいいあくびにはいろんな理由がある!

引用の出典元:shutterstock.com

犬のあくびから読み取れるいろんな感情のサイン。
今まで可愛いばかりで眺めていたあくびには、実はいろんな理由が隠されていたのです。
あくびは一つの犬の感情表現の手段。
もちろん、ただ眠いだけでもあくびはしますが、上記のようにナーバスになっていたり、ストレスを感じているといったネガティブな感情のシグナルでもありますので、気をつけてあげたいものです。
愛犬があくびを通して発信する感情に目を向けて、もっと良いコミュニケーションをするために役立ててみてください。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi Peachtree
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード