どうやって誕生した!?知られざるピットブルの歴史

引用の出典元:shutterstock.com

ピットブルは、正式には「アメリカン・ピット・ブル・テリア」と言います。

ピットブルの原産国はイギリスで、スタッフォードシャー・ブル・テリアを闘犬用として様々な交配を重ねて品種改良された犬です。

実際は、どういった犬との交配によってできた犬かは詳しくはわからないようです。しかし、その闘争心は、すさまじいものがあり危険な動物として飼育が禁止されている国もあります。

ピットブルのイメージは、闘犬や護衛犬などとして飼われており、実際、人を咬む事故を起こすことが一番多い犬といて知られているため、凶暴で怖い犬というものが多いと思われます。

現在は、ピットブルを大きく3つのタイプに分けることができます。


  • ショータイプ
  • ブリータイプ(家庭で飼えるタイプ)
  • 闘犬タイプ


このうち、ショータイプとブリータイプは、ペットとして飼いやすくするために服従性と従順性を重視して繁殖されています。

実は寂しがり屋な性格?ピットブルの意外な特徴

引用の出典元:shutterstock.com

ピットブルは、成犬になったときの体重がなんと25kgくらいの大きさにまで成長する中型犬です。しかし、個体差が大変大きいので、実際のサイズは成犬になってみないとわからない面もあります。

また、闘犬として繁殖されていたため、その体の筋肉はすばらしいものがあります。

目と目の間は離れ、鼻は短く、しっかりとしたあごを持っています。
そのあごで、噛みつかれるとたまったもではありませんね。

恐ろしくて凶暴というイメージの強い、ピットブルですが、本来は、人間に対しては大変従順で愛情深い犬なのです。

無駄吠えはしませんし、寂しがり屋で人なつっこい一面も持っています。


ピットブルを飼うときの注意点

引用の出典元:shutterstock.com

ピットブルは、その性格上とても人間に対して従順で、しっかりと訓練すれば、頼もしいパートナーとなるでしょう。

しかし、元々は闘犬。

対犬や対そのほかの動物となると、スイッチが入ってしまうと止められないこともあります。そのため、犬の咬傷事故が最も多い犬種なのです。

ですから、ピットブルに他の犬と仲良くすることを求めるのは、少し難しいことかもしれません。もちろん、個体差はありますので小さい頃から他の犬と慣れさせていけば、あるいは大丈夫かもしれません。しかし、基本は他の犬との交流はあまりお薦めしません。もしも、相手を咬んだりしたら大変です。

また、ピットブルは十分な体力と気力、エネルギーを持っています。頭もいいので、しっかりとしつけをし、飼い主をリーダーとして認めれば、大変従順で愛情深い犬になるでしょう。

また、飼い主の子どもに対しても「リーダーの子ども」と認識することができ、子どもに対しても服従する傾向にあるため、子どもと生活することも可能ですね。

また、毎日2時間以上の充分な運動によるストレス発散が必要不可欠といえます。

初めて犬を飼う人には、ピットブルはお勧めしません

引用の出典元:shutterstock.com

初めて犬を飼う方には、ピットブルは向いていないかもしれません。

しっかりと訓練しなければならず、犬の扱いに慣れていることが望ましいからです。

また、ピットブルの特徴と性格を充分に把握した上で、周囲にも気を配っていなければなりません。

格好いいから、可愛いからと言うだけで安易に飼える犬種でないことを忘れないでくださいね♪

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo