様々なことが原因で起こる犬の下痢

引用の出典元:shutterstock.com

犬が下痢をする原因は様々なことが考えられ、下痢をしやすい犬は、疲れや寒さなどでも体調を崩して頻繁に下痢をしてしまうことがあります。

ひとつ気をつけておきたいことは、普段の愛犬の調子に比べて、下痢がどのくらいで治まるかです。何か、環境のストレスなどが原因であっても1日くらいで食欲や元気もあれば、様子を見ても大丈夫です。

飼い主さんが普段の愛犬の様子を見ていることで、いつもと違う下痢以外の異常に気づいた場合は、早めの対処が必要になります。

ストレスや免疫力低下で起る下痢

引用の出典元:shutterstock.com

長いお留守番が続いていたり、トリミングに行った後、何か苦手なことがあった時などはストレスから下痢をすることがあります。

また、寒さで体が冷えてしまったり、免疫力が低下している時に下痢をすることもあります。

このような下痢の場合は、お水だけを犬に与え、絶食をすることでよくなることがあります。脱水症状にはならないように、水は必ずあげるようにしましょう。

激しい下痢をしたら、早めに動物病院へ

引用の出典元:shutterstock.com

突然の激しい下痢が起きた時は、感染症や中毒など、犬の体にとって危険なサインを表しています。細菌性の腸炎も犬には多く、血便が出たり、嘔吐をすることもあります。犬自身も元気がなくなりますので、動物病院をすぐに受診しましょう。

子犬の下痢で危険なものに、パルボウイルス感染症があります。子犬の場合、血便が出て、最悪の場合、死に至ることもありますので、注意が必要です。

おもちゃや食べてはいけない物を誤飲してしまった時に、下痢や血便になることもあります。このような時も、すぐに動物病院に行きましょう。

日頃のウンチの状態と違う点を伝えましょう

引用の出典元:shutterstock.com

食事を抜くことで下痢が改善させることもありますが、犬によっては、胃液をさらに吐いてしまうこともあります。

まずは、脱水症状にならないよう気をつけながら、ウンチの状態、色や回数など、普段と違う点はないかチェックしましょう。

しっかりと情報を伝えることが、犬の下痢の原因を突き止め、動物病院での早めの診断、適切な処置につながるのです。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ