そもそも、首輪の役割って?

引用の出典元:shutterstock.com

首輪の役割として二つ紹介します。

一つ目は、散歩の時にリードを繋ぐ役割。これは犬を飼う上でマナーとして大切なことです。多くの都道府県で、犬を散歩する際にはリードをつけることを条例で定めています。

二つ目は、迷子になった時の身分証として、連絡先を記載しておく役割。です。犬を室内で飼っていると、「自分の犬が迷子になる」という状況は想像しにくいかもしれません。

しかし、万が一犬が留守番中に地震が起き、犬と離れ離れになってしまったら?

飼い主として日頃から「万が一」に備えておくことは愛犬を守るためにとても大切なことです。その意味で、室内であっても飼い犬には連絡先の記載してある首輪をつけておくことをお勧めします。

首輪はいつからつけるのがベスト?

引用の出典元:shutterstock.com

それではいつから首輪をつけ始めればいいでしょう?散歩デビューするときに初めてつけますか?

実は、犬が首輪を受け入れやすい時期があるのです。

それは、生後2〜3ヶ月の頃です。この時期の犬は何でも受け入れやすい柔軟性があります。

子犬から迎えるのなら、散歩デビューを待たずに是非2〜3ヶ月の頃から首輪をつけてみてください。中には小柄な犬種もいるので、そんな時は贈り物についているような紐を代用するといいでしょう。

首輪に慣らすためのトレーニング方法

引用の出典元:shutterstock.com

それでは既に首輪が嫌いで警戒心を持っている犬はどうでしょう。ここでは首輪に慣らすためのトレーニング方法を紹介します。

このトレーニングの基本は「気づかれないように・少しずつ」慣らすことです。

首輪に対していいイメージがない場合は、“紐”を使って少しずつ慣らしていきます。
トレーニングのタイミングは、気づかれないよう“犬の食事中”がおすすめです。犬が食事に夢中になっている時にそっと紐をつけ、食事が終わっても犬が首の紐に気づかなければ大成功。

本当に首輪が大嫌いな場合は“特別なおやつ”を使いましょう。

長い時間夢中になっていられる“牛アキレス”などがおすすめです。犬がおやつを食べている間だけ紐をつけ、食べ終わったら外します。
はじめは気になるかもしれないので、首元に紐をそっとかけるだけでもいいでしょう。

これを毎日続けると1週間後1ヶ月後には気にならなくなるはずです。紐が大丈夫になったら首輪に変えて、同じようにおやつを食べている時だけ首輪をつけるようにしましょう。

時間はかかりますが、最後には首輪が気にならなくなるはずです。

このトレーニング法は「嫌いな刺激と楽しい刺激を同時に行い、二つの刺激を結びつけることでストレスを減らしていく」というものです。首輪に限らず、犬が苦手としているものを克服する為に効果的な方法です。

嫌い度合いが強いと好きになるのに時間がかかり、飼い主も気合が必要ですが、犬の“嫌い”が少ない方が犬自身のストレスも減らすことができます。

是非試してみてください。

首輪は愛犬の命綱!

引用の出典元:shutterstock.com

犬種や年齢にもよりますが、犬の行動範囲は広く、1日で5km移動するとも言われています。犬が飼い主とはぐれた時、首輪は唯一の命綱になります。

今は素材や太さなど首輪の種類も豊富です。

是非愛犬にぴったりな首輪を選んで、お守りとして身につけてあげてください。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo