犬と猫、子育てに対するスタンスの違い

ペットとして絶大な人気を誇る犬と猫。その数は国内だけでも1000万頭を優に超えており、日本の15歳以下の子供の数よりも多いのだとか。

もちろん、世界を見渡せばもっと膨大な犬や猫がいるわけですが、両者の性格は似ているようで異なる部分が多くあります。

その性格の違いが驚くほど現れる一つに、子育てがあります。

母犬と母猫では、我が子に何かを教えるときの対応が全く違うのですが、今回ご紹介する「階段の降り方」は本当に両者で全く異なります。

その驚きの子育て映像がコチラ。

引用の出典元:www.youtube.com

いや、猫さん荒すぎいぃ!!( ;´Д`)

犬の母親はとっても過保護で、我が子を勇気付けながらも一緒に寄り添って階段を降りるスタンス。

一方の猫の母親は、「何しとんねん、はよ行きーや!」と強引に背中を押して、身を以て子供に学ぶ機会を与える教育スタンス。

それにしても、猫さん少し荒すぎやしませんか?(´Д` )

確かに猫は、空中で体勢を変えたりできるほどの身体能力を持っているので、ある程度高いところから落ちても平気とはいいますが...犬を見習うわけじゃないけど、もう少し優しい子育てをしてあげてくださいな...(´Д` )

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi Peachtree
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード