喜びの行動①. しっぽを振る

引用の出典元:shutterstock.com

まずは、代表的な「しっぽを振る」から…

皆さんは、犬がしっぽを大きく左右に振り、耳を思いっきり後ろに寝かした状態で、はしゃぎ回っている光景を見たことありませんか?このしっぽを振るという行動は、犬が興奮している時にする表現方法なのです。

実は、喜んでいる時だけではなく、怒っている時・警戒している時など、気が昂っている時にも振ることがあるんですよ。

しっぽを振っている時の角度や速度、振り幅に違いがあって、喜んでいる時は、ものすごく早く振っていることが多いようです。

ちなみに、我が家の愛犬は、しっぽだけではなく、お尻ごと「ブンブン」振っています。

喜びの行動②. ニッコリ笑顔

引用の出典元:shutterstock.com

嬉しい時や喜んでいる時に、口角を上げて笑っているような表情をする犬がいます。

また、鼻にしわを寄せ、犬歯をむき出しにしていて、一見、怒っている時のような顔をしている犬もいます。ただ、目の表情からは「嬉しい!楽しい!」という気持ちが前面に出ているので、笑っているんだな~と分ります。

しっぽも一緒に振っちゃうよ!と全身で表現をするという犬もいますが、日頃、控えめな性格の愛犬が、飼い主にだけ「ニッコリ笑顔」で喜びを表現してくれるなんて、本当に可愛いですよね。

喜びの行動③. 高い声で吠える

引用の出典元:shutterstock.com

「ワンワンワン」とか「キャンキャン」と、比較的高い声で吠える犬もいます。

これは、嬉しい気持ちや喜んでいるという気持ちが、声に出てしまっているといった感じでしょうか…。

長いお留守番のあとに「お帰り~!待ってたんだよ~!!」という気持ちや、お散歩に出かける時に「早く行こうよ!嬉しい、嬉しい!!」と、勢い余って表現しているんですね。

この時の目の表情は、キラキラと輝いていることが多く、警戒していたり、怖いから吠えるというものとは違うことが分かります。

喜びの行動④. 他にも、いろいろな行動や表現がある

引用の出典元:shutterstock.com

なかには、しっぽを振るという決まった感じの表現ではなくて、


  • 飛び跳ねる
  • 走り回る
  • フガフガと鼻息が荒くなる
  • オモチャを押し付けてくる
  • お腹を見せてくる


など、身体全体で表してくれています。
私たち飼い主が、「え?これも、喜んでいる時の行動なの?」と気づかないこともあるのですが、愛犬たちは一生懸命アピールしてくれているのですね。

皆さんの愛犬は、どのような行動で喜びを表現してくれているのでしょうか?
いま一度、その行動を探ってみるのも、楽しいかもしれません♪


無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo